FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ストキャスティクスのクロスを矢印で表示するMT4インジケーター「Stochastic_Cross_Alert」

更新日時:2021年02月07日 1:57

Stochastic_Cross_Alertスクリーンショット


アラート機能付きのストキャスティクスがあればと考えたことはないでしょうか。


「Stochastic_Cross_Alert」は、上記の機能を備えたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. ストキャスティクスで相場の反転を分析している方

  2. ストキャスティクスのシグナルを見逃したくない方


この記事では「Stochastic_Cross_Alert」について詳しく解説します。


  1. Stochastic_Cross_Alertの概要
  2. Stochastic_Cross_Alertを表示する方法
  3. Stochastic_Cross_Alertのパラメーター解説
  4. まとめ

Stochastic_Cross_Alertの概要


「Stochastic_Cross_Alert」を起動するとチャート上に矢印が表示されます。


黄緑色の上向きの矢印は、ストキャスティクスとシグナルラインがゴールデンクロスしたことを示しています。


赤色の下向きの矢印は、ストキャスティクスとシグナルラインがデッドクロスした際に表示されます。


また、「Stochastic_Cross_Alert」には2種類のアラート機能が搭載されているので、チャートに張り付いている必要もありません。


Stochastic_Cross_Alertを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Stochastic_Cross_Alertのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Stochastic_Cross_Alert


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Stochastic_Cross_Alertのパラメーター解説


Stochastic_Cross_Alertパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

SoundON

サウンドアラート


初期値:true


falseに設定するとサウンドアラートが無効になります。

EmailON

メールアラート


初期値:false


trueに設定するとメールアラートが有効になります。

KPeriod

%Kの期間


初期値:5


ストキャスティクスの%Kの算出期間を設定します。

DPeriod

%Dの期間


初期値:3


ストキャスティクスの%Dの算出期間を設定します。

Slowing

スローイング期間


初期値:3


ストキャスティクスのスローイング期間を設定します。

MA_Method

移動平均の方法


初期値:0


移動平均の種類を設定します。

PriceField

適用価格


初期値:0


ストキャスティクスの適用価格を設定します。


「SoundON」「EmailON」は、サウンドアラートとメールアラートの有効/無効を設定するための項目です。


trueに設定するとアラートが有効になり、falseに設定すると無効になります。


「MA_Method」はストキャスティクスの算出に用いる移動平均の種類を設定するための項目です。


0に設定すると単純移動平均、1は移動平均、2は平滑移動平均、3に設定すると加重移動平均が適用されます。


まとめ


「Stochastic_Cross_Alert」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ストキャスティクスのクロスを矢印で表示する。

  2. ストキャスティクスとシグナルラインがゴールデンクロスした場合は上向きの矢印を表示。

  3. ストキャスティクスとシグナルラインがデッドクロスした場合は下向きの矢印を表示。


「Stochastic_Cross_Alert」は、ストキャスティクスで相場の反転を分析している方に向いているインジケーターです。


アラート機能が付いているのでシグナルを見逃す心配もなくなるでしょう。

関連記事