FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドが転換するポイントを矢印で表示するMT4インジケーター「StochCCI_Arrows_v7」

更新日時:2021年02月14日 16:06

StochCCI_Arrows_v7スクリーンショット


相場のサイクルにもとづいて、値動きの転換を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「StochCCI_Arrows_v7」は、CCIとストキャスティクスをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. サイクルを考慮して相場を分析したい方

  2. トレンドの転換を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「StochCCI_Arrows_v7」について解説します。


  1. StochCCI_Arrows_v7の概要
  2. StochCCI_Arrows_v7を表示する方法
  3. StochCCI_Arrows_v7のパラメーター解説
  4. まとめ

StochCCI_Arrows_v7の概要


「StochCCI_Arrows_v7」を起動すると、チャート上に矢印が表示されます。


「StochCCI_Arrows_v7」は、CCIとストキャスティクスのシグナルをもとに矢印を表示するインジケーターです。


買いシグナルは上向きの白い矢印で表示され、売りシグナルは下向きのオレンジの矢印で表示されます。


チャートの背景色を白に設定している場合、買いシグナルが背景と同化して見えなくなるので注意しましょう。


StochCCI_Arrows_v7を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StochCCI_Arrows_v7のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StochCCI_Arrows_v7


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StochCCI_Arrows_v7のパラメーター解説


StochCCI_Arrows_v7パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「StochCCI_Arrows_v7」のパラメーターには、RSIに関する項目が設けられていますが、無効なパラメーターなのでそのままにしておきましょう。


入力項目 入力内容

RSIfast

無効なパラメーターです。

RSIslow

無効なパラメーターです。

StochFast

高速ストキャスティクスの期間


初期値:4


高速ストキャスティクスの算出期間を設定します。

StochSlow

低速ストキャスティクスの期間


初期値:10


低速ストキャスティクスの算出期間を設定します。

CCIperiod

CCIの期間


初期値:34


CCIの算出期間を設定します。


「StochFast」「StochSlow」は、ストキャスティクスの算出を設定するための項目です。


通常、ストキャスティクスは%K、%D、スローイング期間をそれぞれ設定しますが、「StochCCI_Arrows_v7」では、%Kと%Dに同じ算出期間が適用されます。


また、スローイング期間は1に固定されています。


「CCIperiod」はCCIの算出期間を設定するための項目で、設定した値に応じてCCIに反映されるサイクルが変化します。


まとめ


「StochCCI_Arrows_v7」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ストキャスティクスとCCIのシグナルに応じて矢印を表示する。

  2. 白い上向きの矢印は買いのシグナル。

  3. オレンジの下向きの矢印は売りシグナル。


「StochCCI_Arrows_v7」は、相場のサイクルに着目してトレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


ダマしのシグナルも多いので、ほかのインジケーターと組み合わせて使用した方が良いでしょう。

関連記事