FXで何やっても勝てなくて、やったコト

終値同士を結んだトレンドラインを自動的に表示するMT4インジケーター「palka」

更新日時:2022年05月16日 12:33

palkaスクリーンショット


トレンドラインを手動で引くのは面倒だと感じたことはないでしょうか。


「palka」は、トレンドラインを自動的に表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドラインを使用して取引している方

  2. トレンドラインを手動で引くのは面倒だと感じている方

  3. 価格が反転しそうな水準やブレイクが発生しそうな水準を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「palka」について解説します。


  1. palkaの概要
  2. palkaを表示する方法
  3. palkaのパラメーター解説
  4. まとめ

palkaの概要


「palka」を起動すると、赤紫色のラインがチャート上に表示されます。


「palka」が描写するラインは、直近のローソク足の終値と指定したローソク足の終値を結んだシンプルなトレンドラインです。


トレンドのおおまかな方向を確認したいときなどに活用できるでしょう。


トレンドライン付近にはトレーダーの注文が集まりやすいため、サポートラインやレジスタンスラインとして機能する可能性があります。


逆張りやブレイクアウトを狙ってエントリーする際の目安になります。


また、損切りや利益確定の目安としても活用できます。


ただし、「palka」は値動きのピークやボトムを検出してトレンドラインを表示しているわけではありません。


指定したローソク足と直近のローソク足を結んでいるだけです。


中半端なローソク足を結ぶトレンドラインを表示する場合もあるので、パラメーターを調整して使用する必要があります。


パラメーターの期間を変更して、ピークやボトムからラインが描写されるように調整しましょう。


加えて、ラインをチャートの右側に延長して表示することはできないので留意しておきましょう。


palkaを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

palkaのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


palka


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


palkaのパラメーター解説


palkaパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「palka」のパラメーターは、ラインを描写する期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

PPeriod

期間


初期値:13


ラインを描写する期間を設定します。


「PPeriod」は、トレンドラインを描写する期間を設定するための項目です。


デフォルトでは13に設定されており、直近のローソク足と13期間前のローソク足の終値同士を結ぶラインが表示されます。


相場の状況に合わせて調整するとよいでしょう。


ラインの色を変更する場合は、パラメーターと同じウィンドウの「色の設定」タブから設定します。


まとめ


「palka」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 直近のローソク足の終値と指定したローソク足の終値同士を結ぶラインを描写する

  2. ラインを表示する期間はパラメーターで変更できる

  3. トレンドラインとして機能する可能性がある


「palka」は、トレンドラインを自動的に表示してくれるインジケーターを探している方に向いているインジケーターです。


「palka」が表示するラインは、あくまでもおおよそのトレンドラインなので、エントリーやイグジットの水準を分析する場合は、ほかのインジケーター・手法と組み合わせて判断した方がよいでしょう。

関連記事