FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ドテン注文のタイミングと損切り水準を表示するMT4インジケーター「Stop_reversal_bluestops」

更新日時:2021年03月07日 21:47

Stop_reversal_bluestopsスクリーンショット


ドテン注文のタイミングを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Stop_reversal_bluestops」は、次のような方に向いているインジケーターです。


  1. ドテン注文のエントリーのタイミングを分析したい方

  2. ドテン注文の損切り水準を分析したい方


この記事では「Stop_reversal_bluestops」について詳しく解説します。


  1. Stop_reversal_bluestopsの概要
  2. Stop_reversal_bluestopsを表示する方法
  3. Stop_reversal_bluestopsのパラメーター解説
  4. まとめ

Stop_reversal_bluestopsの概要


「Stop_reversal_bluestops」を起動すると、矢印と水平なラインが表示されます。


矢印は値動きが反転したシグナルで、緑色の矢印は上に反転したことを示しています。


赤色の矢印は値動きが下に転換したシグナルです。


また、矢印の近くに表示されている水色の水平なラインは、ドテン注文の損切り水準を示しています。


損切り水準は、数値で指定できるほか、ATRを用いて決定することも可能です。


Stop_reversal_bluestopsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Stop_reversal_bluestopsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Stop_reversal_bluestops


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Stop_reversal_bluestopsのパラメーター解説


Stop_reversal_bluestopsパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Stop_reversal_bluestops」のパラメーターは、4つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

nPips

反転の閾値


初期値:0.004


値動きが反転したと判断する水準を設定します。

StopPips

損切り水準


初期値:40


ドテン注文の損切り水準を設定します。

UseATRStop

ATRを使用する/しない


初期値:true


falseに設定するとATRが無効になります。

ATRmultiplier

ATR係数


初期値:0.45


ATRに乗算する値を設定します。


「nPips」は、値動きが反転したと判定する水準を設定するための項目で、大きな値に設定すると小さな反転は無視されます。


「StopPips」は、ドテン注文の損切り水準を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど水色のラインが矢印から離れた位置に表示されます。


「UseATRStop」は、損切り水準の設定にATRを使用するか否かを設定するための項目で、falseに設定すると「StopPips」で設定した水準が適用されます。


「ATRmultiplier」は、「UseATRStop」をtrueに設定した場合にのみ有効になる項目です。


設定した値に応じて損切り水準の位置が変化します。


まとめ


「Stop_reversal_bluestops」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ドテン注文のエントリーのタイミングを表示。

  2. 水色のラインは損切り水準。

  3. 損切り水準は指定値とATRから選択可能。


「Stop_reversal_bluestops」は、ドテン注文のタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


損切り水準も一緒に表示されるので、逆張り系の手法を使用している方にとっては、使いやすいインジケーターなのではないでしょうか。

関連記事