FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フラクタルをもとにサポートラインとレジスタンスラインを表示するMT4インジケーター「SuperSR_6」

更新日時:2021年04月25日 22:23

SuperSR_6スクリーンショット


決済注文をどの水準に設定すべきか迷った経験はないでしょうか。


「SuperSR_6」は、フラクタルをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 損切りや利益確定水準の目安を確認したい方

  2. 初心者の方


この記事では、「SuperSR_6」について詳しく解説します。


  1. SuperSR_6の概要
  2. SuperSR_6を表示する方法
  3. SuperSR_6のパラメーター解説
  4. まとめ

SuperSR_6の概要


「SuperSR_6」を起動すると赤色と青色のドットが表示されます。


赤色のドットはレジスタンス、青色のドットはサポートラインです。


「SuperSR_6」は、フラクタルを用いて一定期間中の最高値・最安値を検出しています。


サポートラインとレジスタンスラインは、フラクタルによって検出した高値や安値に、パラメーターの「Precision」で設定した値幅を加えて算出されます。


また、フラクタルが新しく検出した高値や安値が、前の高値・安値を超える場合、価格の差が閾値を超えるとサポートとレジスタンスの水準も更新。


反対に閾値を下回る場合は、前の水準が維持されるため、ドットが水平なラインとして表示されます。


「SuperSR_6」は、損切りや利益確定水準の目安として活用できます。


SuperSR_6を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SuperSR_6のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SuperSR_6


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SuperSR_6のパラメーター解説


SuperSR_6パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「SuperSR_6」のパラメーターは、閾値を設定するための項目とドットの位置を調整するための項目、オフセットを設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Contract_Step

更新の閾値


初期値:150


サポートやレジスタンスの閾値を設定します。

Precision

精度


初期値:10


サポートやレジスタンスの水準を設定します。

Shift_Bars

シフト


初期値:1


SuperSR_6のオフセットを設定します。


「Contract_Step」はサポートやレジスタンスを、更新する閾値を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、小さな値動きが反映されにくくなります。


「Precision」は、サポートやレジスタンスの水準を調整するための項目です。


大きな値に設定するほど、ローソク足から離れた位置にサポートとレジスタンスが表示されます。


「Shift_Bars」は、「SuperSR_6」のオフセットを設定するための項目です。


正の値に設定するとインジケーターの表示位置が右に移動し、負の値に設定すると左に移動します。


まとめ


「SuperSR_6」の特長は以下の通りです。


  1. フラクタルにもとづいて、サポートやレジスタンスの水準を表示する。

  2. 新しく検出した高値・安値が閾値を超えた場合、レジスタンス・サポート水準が更新される。

  3. 損切りや利益確定水準の目安として使用できる。


「SuperSR_6」は、初心者の方に向いているインジケーターです。


決済注文をどの水準に設定すべきか迷うことが多い方は、試してみてはいかがでしょうか。

関連記事