FXで何やっても勝てなくて、やったコト

利益確定・損切り水準を目安を表示するMT4インジケーター「SuperSR7」

更新日時:2021年05月01日 11:15

SuperSR7スクリーンショット


利益確定や損切りをどの水準に設定すべきか迷った経験はないでしょうか。


「SuperSR7」は、サポートやレジスタンスを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 利益確定や損切りの注文をどの水準に入れるべきか迷うことが多い方

  2. 初心者の方


以上のような方のためにこの記事では、「SuperSR7」について解説します。


  1. SuperSR7の概要
  2. SuperSR7を表示する方法
  3. SuperSR7のパラメーター解説
  4. まとめ

SuperSR7の概要


「SuperSR7」を起動すると、チャート上に青色と赤色のドットが表示されます。


青色のドットはサポート、赤色のドットはレジスタンス水準です。


「SuperSR7」が表示するサポートやレジスタンス水準はフラクタルの高値と安値にもとづいています。


フラクタルによって検出された新しい高値や安値が一定値を超える場合は、ドットの表示位置も更新されます。


反対に、新しい高値や安値が、前の高値・安値から閾値以上変化しなかった場合は、同じ水準にドットを表示します。


トレンド相場では価格に追従するため、損切り水準として使用することで、保有中のポジションに乗った利益を確保しつつ、利益を伸ばせる可能性があります。


SuperSR7を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SuperSR7のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SuperSR7


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SuperSR7のパラメーター解説


SuperSR7パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Contract_Step

更新の閾値


初期値:150


サポートやレジスタンスの閾値を設定します。

Precision

精度


初期値:10


サポートやレジスタンスの水準を設定します。

Shift_Bars

シフト


初期値:1


SuperSR7のオフセットを設定します。

Bars_Count

バーカウント


初期値:1000


SuperSR7をチャート上に表示する期間を設定します。


「Contract_Step」は、サポートやレジスタンスの水準を更新する閾値を設定するための項目です。


ここで設定した値よりも価格の変化が小さい場合、前の水準が維持されます。


「Precision」は、サポートやレジスタンスの水準を設定するための項目です。


大きな値に設定するほどサポートやレジスタンスが離れた水準に表示されます。


「Shift_Bars」は、SuperSR7の大瀬戸を設定するための項目で、設定した値に応じてサポート・レジスタンスの表示位置が左右に移動します。


「Bars_Count」は、インジケーターをチャート上に表示する範囲を設定するための項目です。


1000に設定した場合は、ローソク足1000本分の期間に「SuperSR7」が表示されます。


まとめ


「SuperSR7」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. フラクタルがベースになっている。

  2. 青色のドットはサポート、赤色のドットはレジスタンスの水準を示している。

  3. フラクタルの高値・安値が一定値を超えた場合、サポート・レジスタンスが更新される。


「SuperSR7」は、利益確定水準や損切り水準の目安を分析したい方に向いているインジケーターです。


決済水準の設定で迷ったときは参考にすると良いでしょう。

関連記事