FXで何やっても勝てなくて、やったコト

サポートラインとレジスタンスラインを自動で表示するMT4インジケーター「Support_and_Resistance_(Barry)」

更新日時:2021年05月25日 3:26

Support_and_Resistance_(Barry)スクリーンショット


サポートラインやレジスタンスラインを、自動的に表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Support_and_Resistance_(Barry)」は、フラクタルをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. サポートラインやレジスタンスラインの水準を確認したい方

  2. 逆張りやブレイクアウト系の手法を使用している方


以上のような方のためにこの記事では「Support_and_Resistance_(Barry)」について解説します。


  1. Support_and_Resistance_(Barry)の概要
  2. Support_and_Resistance_(Barry)を表示する方法
  3. Support_and_Resistance_(Barry)のパラメーター解説
  4. まとめ

Support_and_Resistance_(Barry)の概要


「Support_and_Resistance_(Barry)」を起動すると、チャート上に赤色と青色のドットが表示されます。


赤色のドットがレジスタンス、青色のドットがサポート水準です。


「Support_and_Resistance_(Barry)」は、フラクタルにもとづいているため、一定期間中の高値や安値をもとにレジスタンスラインとサポートラインを検出しています。


そのため、新しい高値や安値が検出されるまでは、同じ水準にドットがライン状に表示されます。


逆張りやブレイクアウトを狙ってエントリーする水準を、検討するときなどに活用できるでしょう。


また、保有中のポジションを決済する水準の目安としても使用できます。


Support_and_Resistance_(Barry)を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Support_and_Resistance_(Barry)のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Support_and_Resistance_(Barry)


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Support_and_Resistance_(Barry)のパラメーター解説


Support_and_Resistance_(Barry)パラメーター画像


「Support_and_Resistance_(Barry)」に、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「Support_and_Resistance_(Barry)」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. フラクタルにもとづいて、サポートラインとレジスタンスラインを表示する。

  2. 赤色のドットはレジスタンスライン。

  3. 青色のドットはサポートライン。


「Support_and_Resistance_(Barry)」は、逆張りやブレイクアウト系の手法を使用している方に向いているインジケーターです。


サポートラインやレジスタンスラインを自動的に表示してくれるので、初心者の方にとっても扱いやすいインジケーターと言えるでしょう。

関連記事