FXで何やっても勝てなくて、やったコト

決済水準の目安を表示するMT4インジケーター「Support_and_Resistance」

更新日時:2021年05月25日 3:28

Support_and_Resistanceスクリーンショット


保有中のポジションを、どこで決済すべきか迷った経験はないでしょうか。


「Support_and_Resistance」は、サポートラインやレジスタンスラインを自動的に表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 利益確定や損切りの目安を確認したい方

  2. サポートラインやレジスタンスラインの水準を分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「Support_and_Resistance」について解説します。


  1. Support_and_Resistanceの概要
  2. Support_and_Resistanceを表示する方法
  3. Support_and_Resistanceのパラメーター解説
  4. まとめ

Support_and_Resistanceの概要


「Support_and_Resistance」を起動すると、ドットがライン状に表示されます。


青色のドットはサポート水準、赤色のドットはレジスタンス水準です。


「Support_and_Resistance」は、フラクタルで検出した一定期間中の高値や安値をもとにドットを表示しています。


目立つの高値や安値は心理的な節目として機能しやすく、市場参加者の注文が集まりやすい傾向にあります。


「Support_and_Resistance」によって表示された水準を、利益確定や損切りの水準の目安にすることで、不必要にポジションを保持し続けることもなくなるでしょう。


ただし、トレンドが発生すると頻繁にドットのレベルが更新されるため注意が必要です。


特に上昇トレンド中に更新されたレジスタンスや、下降トレンド中に更新されたサポートは、うまく機能しない可能性があります。


どちらかというと、レンジ相場に適したインジケーターと言えるでしょう。


Support_and_Resistanceを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Support_and_Resistanceのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Support_and_Resistance


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Support_and_Resistanceのパラメーター解説


Support_and_Resistanceパラメーター画像


「Support_and_Resistance」に、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「Support_and_Resistance」について解説してきましたが、特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 一定期間中の高値や安値にもとづいて、サポートラインやレジスタンスラインを表示する。

  2. サポートラインは青色のドットで表示される。

  3. レジスタンスラインは赤色のドットで表示される。


「Support_and_Resistance」は、決済する水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


一定期間中の高値や安値をもとにしているため、テクニカル的な根拠にもとづいて利益確定や損切りできます。


決済水準をどこに設定すべきか迷うことが多い方は、試してみると良いでしょう。

関連記事