FXで何やっても勝てなくて、やったコト

短期取引向けにNYセッションのレンジに色をつけて表示するMT4インジケーター「ShadeNY_v5」

更新日時:2020年04月27日 23:29

ShadeNY_v5スクリーンショット


為替相場は時間帯によって取引の活況度が変化するため、デイトレードやスキャルピングなどの短期取引では、時間帯を意識する必要があります。


「ShadeNY_v5」は、ニューヨークセッションのレンジに色をつけて表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. 短期取引がメインの方

  2. ニューヨークセッションのレンジを確認したい方

  3. インジケーターのソースコードを変更できる方


上記のような方のためにこの記事では、「ShadeNY_v5」について解説します。


  1. ShadeNY_v5の概要
  2. ShadeNY_v5を表示する方法
  3. ShadeNY_v5のパラメーター解説
  4. まとめ

ShadeNY_v5の概要


「ShadeNY_v5」を起動するとニューヨークセッションのレンジが黄色で表示されます。


このインジケーターは、自動的にニューヨークセッションの時間帯を検出している分けではありません。


初期設定のままでは、ニューヨークセッションを正しく表示できないことが多いです。


正しく表示するためにはソースコードを変更する必要があるため、MT4に慣れていない方には使いにくいかもしれません。


ソースコードを変更できる方であれば、ニューヨークセッション以外の時間帯にレンジを表示することもできます。


インジケーターの開発者によると、「ShadeNY_v5」は4時間足以下のチャートで使用することを想定しているとのことです。


そのため、8時間足以上のチャートでは、インジケーターが正しく表示されませんので注意しましょう。


ShadeNY_v5を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ShadeNY_v5のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ShadeNY_v5


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ShadeNY_v5のパラメーター解説


ShadeNY_v5パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ShadeColor

表示色


初期値:Yellow


ニューヨークセッションの表示色を設定します。

SetImmediacyON

最初のティックの後に表示


初期値:true


新しいセッションを表示するタイミングを設定します。


「ShadeColor」は、レンジの表示色を設定するための項目です。


「SetImmediacyON」は、レンジを表示するタイミングを設定するための項目で、trueに設定した場合、新しいセッションの最初のティックの後にレンジを表示します。


まとめ


「ShadeNY_v5」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ニューヨークセッションのレンジに色をつけて表示する。

  2. レートを取得しているサーバーによっては、正しく表示されない場合がある。

  3. 時間を調整するにはソースコードを変更する必要がある。


「ShadeNY_v5」は、ニューヨークセッションのレンジを確認したい方に、向いているインジケーターです。


インジケーターのソースコードを変更する必要があるため、万人におすすめできるインジケーターではありませんが、ソースコードを変更できる方であれば活用できる場面は多いかもしれません。

関連記事