FXで何やっても勝てなくて、やったコト

移動平均線をベースにしたDMIのようなMT4インジケーターを表示する「UT_FAST」

更新日時:2019年08月13日 07:45

UT_FASTスクリーンショット


「UT_FAST」は、JMAにもとづくインジケーターで、DMIに似た使い方の2本のラインからなるインジケーターです。


インジケーターを起動すると、サブウィンドウに黄緑色のラインと赤色のラインが表示され、 JMAが上昇するごとに黄緑色のラインも上昇し、JMAが下降すると赤色のラインが上昇します。


黄緑色のラインが赤色のラインより高い水準で推移している場合は、相場が上昇トレンドに入った可能性を示し、赤色のラインが黄緑色のラインより高い水準で推移している場合は、相場が下降トレンドに入った可能性を示しています。


UT_FASTを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

UT_FASTのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


UT_FAST

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでUT_FASTが表示されました。


UT_FASTのパラメーター解説


UT_FASTパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「UT_FAST」のパラメーターは、「key」「Smooth」「bars」「Progression」「Len」「Sensitivity」の6つの項目で構成され、初期設定の値は「key」が111699999996、「Smooth」が1、「bars」が1000、「Progression」が3、「Len」が12、「Sensitivity」が30に設定されています。


key

インジケーターを表示する範囲

Smooth

フィルター閾値

bars

平滑化期間

Progression

JMA算出期間の間隔

Len

UT_FASTの算出に必要な最小期間

Sensitivity

感度


インジケーターの使い方はDMIに似ていますので、DMIを使用したことのある方であれば、すぐに慣れるのではないかと思います。


動意の薄い相場では、ダマしのシグナルが多くなる傾向にありますので、振り幅の小さいレンジ相場などでの使用は控えた方が良さそうです。


トレンドを検出するためのインジケーターを、探しているという方にとっては、試してみる価値のあるインジケーターなのではないでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事