FXで何やっても勝てなくて、やったコト

加重終値の変化を矢印で表示するMT4インジケーター「test_3expert」

更新日時:2019年08月23日 11:45

test_3expertスクリーンショット


「test_3expert」は、加重終値を比較して価格が上昇しているのか、下降しているのかを矢印で表示するインジケーターで、Ron Tによって開発されました。


インジケーターを起動すると、価格の上昇を示す矢印が白、下降を示す矢印が赤で表示されますが、本記事のチャート画像では上昇矢印を黒に変更しています。


「test_3expert」が、各矢印を表示する条件は以下の通りです。


加重終値=(高値+安値+終値×2)/4


2つ前の加重終値>1つ前の加重終値>直近の加重終値の場合、下向きの赤い矢印を表示。


2つ前の加重終値<1つ前の加重終値<直近の加重終値の場合、上向きの白い矢印を表示。


test_3expertを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

test_3expertのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


test_3expert

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでtest_3expertが表示されました。


test_3expertのパラメーター解説


test_3expertパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「test_3expert」のパラメーターは「Gap_Size」のみで、初期設定の値は0.003に設定されていますが、インジケーターの算出に直接影響を与える項目ではないため、値を変更してもインジケーターの動作に変化はありません。


Gap_Size

入力ギャップのサイズ


初期設定の状態では上向きの矢印が白で表示されますので、チャートの背景色を白に設定している場合は別の色に変更するか、矢印の色を白以外に変更しましょう。


レンジ相場ではうまく機能しませんので、相場が静かな時は「test_3expert」の使用を控えた方が良いかもしれません。


1本1本の矢印に注目するのではなく、表示されている矢印をざっと見て、どちらの矢印が多く表示されているかという点に注目すると、価格の向かっている方向を、把握しやすくなります。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事