FXで何やっても勝てなくて、やったコト

移動平均線と価格の差をもとにしたオシレーターを表示するMT4インジケーター「VininI_Trend」

更新日時:2019年07月25日 08:47

VininI_Trendスクリーンショット


「VininI_Trend」は、移動平均線と終値の差をもとにしたインジケーターで、Victor Nicolaevによって開発されました。


インジケーターを起動すると、サブウィンドウを上に黄色いヒストグラムで、「VininI_Trend」の値が表示されます。


「VininI_Trend」の算出方法は以下の通りです。


sum=0の状態から計算を開始。


終値が移動平均線より高い場合は、前のsumの値に1を加える。


終値が移動平均線以下場合は、前のsumの値から1を引く。


VininI_Trend=sum/「MA_Count」


算出に用いられる移動平均線の算出期間は、固定値ではなく徐々に増加していきます。


インジケーターの値がプラス圏で推移している場合は、現在の相場が上昇トレンドに入っている可能性を示唆し、マイナス圏で推移している場合は、下降トレンドに入っている可能性を示唆しています。


VininI_Trendを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

VininI_Trendのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


VininI_Trend

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでVininI_Trendが表示されました。


VininI_Trendのパラメーター解説


VininI_Trendパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターは、移動平均の算出期間に関する項目、平滑化方法に関する項目、インジケーターを表示する範囲を設定する項目で構成されています。


MA_Start

移動平均の最小算出期間

MA_Step

算出期間を増加させる間隔

MA_Count

算出期間を増加させる回数

MA_Mode

平滑化方法

Limit

インジケーターを表示する範囲


動意の薄い相場では、ダマしのシグナルも多くなるため注意が必要です。


ダマしのシグナルによる影響を抑えるため、他のインジケーターと組み合わせて使用することをお奨めします。


珍しいタイプのインジケーターですので、バックテストを行った上で使用した方が良いかもしれません。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事