FXで何やっても勝てなくて、やったコト

パラボリックSARとストキャスティクスを用いた取引の損益を表示するMT4インジケーター「RosyPipsIndicator」

更新日時:2022年02月19日 12:41

RosyPipsIndicatorスクリーンショット


取引の結果を、シミュレーションできるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「RosyPipsIndicator」は、ストキャスティクスとパラボリックSARをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ストキャスティクスとパラボリックSARを組み合わせて使用している方

  2. 取引の結果をシミュレーションしたい方


この記事では「RosyPipsIndicator」について詳しく解説します。


  1. RosyPipsIndicatorの概要
  2. RosyPipsIndicatorを表示する方法
  3. RosyPipsIndicatorのパラメーター解説
  4. まとめ

RosyPipsIndicatorの概要


「RosyPipsIndicator」を起動すると、チャート左上にシミュレーションの結果が表示されます。


「RosyPipsIndicator」では、ストキャスティクスが25より低い状態で、パラボリックSARが終値より低く、ひとつ前のパラボリックSARが終値より高い場合、買いシグナルを発します。


ストキャスティクスが70より高い状態で、パラボリックSARが終値より高く、ひとつ前のパラボリックSARが終値より低い場合は、売りシグナルを発します。


シグナルが出たポイントには、黄色のマーカーを表示。


取引結果は、ロング・ショート別々に表示され、1番下にトータルの損益が表示されます。


RosyPipsIndicatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RosyPipsIndicatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RosyPipsIndicator


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RosyPipsIndicatorのパラメーター解説


RosyPipsIndicatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

sar1

加速因数


初期値:0.002


パラボリックSARの加速因数を設定します。

sar2

加速因数の上限


初期値:0.2


パラボリックSARの加速因数の上限を設定します。

profit

利益幅


初期値:30


エントリー水準から利益を確定する値幅を設定します。

loss

損失幅


初期値:100


エントリー水準から損失を確定する値幅を設定します。

spread

スプレッド


初期値:5


シミュレーションに適用するスプレッドを設定します。

Star_Body_Length

ローソク足の最大値幅


初期値:15


シグナルを出すローソク足の本体部分の最大値幅を設定します。

year


初期値:2014


シミュレーションを開始する年を設定します。

month


初期値:01


シミュレーションを開始する月を設定します。

day


初期値:01


シミュレーションを開始する日を設定します。


「sar1」は、パラボリックSARの加速因数を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、パラボリックSARが価格にはやく追いつきます。


「sar2」は、加速因数の上限を設定するための項目です。


ここで設定した値以上に、パラボリックSARが加速することはありません。


「profit」「loss」は、利益幅と損失幅を設定するための項目です。


設定した値に応じて、シミュレーションの結果も変化します。


「year」「month」「day」は、シミュレーションを開始する年月日を設定するための項目です。


ただし、チャートに表示されている期間が設定した年月日より短い場合は、チャートに価格データが読み込まれている期間が適用されます。


まとめ


「RosyPipsIndicator」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. ストキャスティクスとパラボリックSARをもとに取引した場合の損益をシミュレーションできる

  2. シグナルを黄色のマーカーで表示する


「RosyPipsIndicator」は、インジケーターの手法と同じ方法で取引している方に向いているインジケーターです。


使用している手法のパフォーマンスを確認したい方は、試してみるとよいでしょう。

関連記事