FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ジグザグよりも小さな波動を表示するMT4インジケーター「Swing_Point」

更新日時:2021年05月31日 15:42

Swing_Pointスクリーンショット


値動きの波動を表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Swing_Point」は、ジグザグのように値動きの波動をラインで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 波動分析を取り入れている方

  2. 値動きが転換したポイントを確認したい方

  3. 小さな波動を確認したい方


上記のような方のためにこの記事では、「Swing_Point」について詳しく解説します。


  1. Swing_Pointの概要
  2. Swing_Pointを表示する方法
  3. Swing_Pointのパラメーター解説
  4. まとめ

Swing_Pointの概要


「Swing_Point」を起動すると、チャート上に青色のラインが表示されます。


一見するとジグザグのようにも見えますが、「Swing_Point」はジグザグとは異なる仕組みで波動を検出しています。


「Swing_Point」では、高値が前の安値より一定以上離れているか、安値が前の高値より一定以上離れている場合は、トレンドが発生していると判断されます。


反対に、直近の高値と前の安値との差が閾値よりも小さい場合や、直近の安値と前の高値との差が閾値よりも小さい場合は、トレンドが終わったと判定されます。


トレンドが終わったポイント同士をラインで繋ぐことで、波動を描写する仕組みです。


ジグザグが比較的大きな波動を描写するのに対し、「Swing_Point」はジグザグよりも小さな波動にも反応する傾向にあります。


反転を検出する値幅は、パラメーターから調整可能です。


自身が使用しているチャートや分析したい波動に合わせて調整すると良いでしょう。


「Swing_Point」単体で、エントリーのタイミングを分析することはできないので、ほかのインジケーターと組み合わせて使用することをおすすめします。


Swing_Pointを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Swing_Pointのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Swing_Point


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Swing_Pointのパラメーター解説


Swing_Pointパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Swing_Point」のパラメーターは、転換を判断する値幅を設定する項目のみで構成されています。


入力項目 入力内容

ReversPoint

転換点


初期値:50


値動きが転換したと判断する値幅を設定します。


「ReversPoint」は、値動きが転換したと判断する値幅を設定するための項目です。


ここで設定した値をもとに値動きの転換を判定し、ラインを描写します。


「ReversPoint」は、pips単位で設定する必要があります。



まとめ


「Swing_Point」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 値動きの転換を検出してジグザグのようなラインを描写する。

  2. 指定した値幅を超えて価格が逆行した場合、値動きが転換したと判定される。

  3. ジグザグよりも小さな波動を検出できる。


「Swing_Point」は、波動分析を取り入れている方に向いているインジケーターです。


ジグザグよりも小さな波動を検出できるので、細かな波動を確認したい方は導入してみると良いでしょう。


ジグザグが扱いにくいと感じている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事