FXで何やっても勝てなくて、やったコト

シンプルで標準的なジグザグを表示するMT4インジケーター「XigXag」

更新日時:2020年09月19日 19:35

XigXagスクリーンショット


ジグザグは価格のスイングを1本のラインで表示するため、値動きの波動を観察する際によく用いられます。


「XigXag」は、ジグザグを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 波動分析を行っている方

  2. ジグザグをよく使用する方

  3. MT4標準のジグザグと同じように使用できるジグザグ系のインジケーターを探している方


上記のような方のためにこの記事では、「XigXag」について解説します。


  1. XigXagの概要
  2. XigXagを表示する方法
  3. XigXagのパラメーター解説
  4. まとめ

XigXagの概要


「XigXag」はジグザグ系のインジケーターの一種で、Xtraderというインジケーターでエントリーとエグジットを判断するために使用されており、Trevor Schuilによって開発されました。


インジケーターを起動すると赤いラインでジグザグが表示されます。


MT4に標準でインストールされているジグザグと動作を比較したところ、「XigXag」が描写するラインは標準のジグザグと全く同じラインで、使い勝手に大きな違いはありませんでした。


ジグザグ系のインジケーターには標準のものより、値動きを細かく追跡するものや表示する範囲に制限をかけているものもありますが、「XigXag」によって表示されるジグザグは一般的なものに近いシンプルなものと言えます。


何らかの理由でMT4標準のジグザグが使用できない場合の代わりとして、使用することができそうです。


また、ジグザグを使用したことがないという方が、試しに使ってみる場合にも動作に変なクセがないためちょうど良いのではないかと思います。


XigXagを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

XigXagのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


XigXag


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


XigXagのパラメーター解説


XigXagパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「XigXag」のパラメーターは3つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエイション


初期値:5


転換率を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。


「ExDepth」は値動きを検出する最小値幅を設定するための項目です。


小さな値に設定すると細かな値動きがジグザグに反映され、大きな値に設定すると細かな値動きが無視されます。


「ExBackstep」は、反転を検出する期間を設定するための項目で、値に応じて検出されるスイングが変化します。


パラメーターの設定や描写されるラインに標準のものと大きな違いはないため、他のジグザグ系のインジケーターを使用したことがある方であれば、使い方に戸惑うということもないのではないかと思います。


まとめ


「XigXag」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ジグザグを表示するインジケーター。

  2. 一般的なジグザグとほぼ同じように動作する。

  3. パラメーターも通常のジグザグと同様の項目で構成されている。


「XigXag」は、波動分析を行っている方に向いているインジケーターです。


シンプルなジグザグ系のインジケーターを探している方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事