FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フィボナッチリトレースメントの再描写をアラート通知するジグザグ系インジケーターを表示するMT4インジケーター「ZigZag_Fibo_Alert」

更新日時:2020年10月25日 22:56

ZigZag_Fibo_Alertスクリーンショット


フィボナッチリトレースメントを自動的に表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「ZigZag_Fibo_Alert」は、次のような方に向いているインジケーターです。


  1. フィボナッチリトレースメントをよく使用する方

  2. 波動分析を行っている方


以上のような方のためにこの記事では、「ZigZag_Fibo_Alert」について解説します。


  1. ZigZag_Fibo_Alertの概要
  2. ZigZag_Fibo_Alertを表示する方法
  3. ZigZag_Fibo_Alertのパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZag_Fibo_Alertの概要


MT4には条件が揃った場合にアラート通知を行うインジケーターがあり、アラートが発せられる条件にはインジケーターが特定の値に到達した場合や価格が特定の水準に到達した場合、値動きに特定のパターンが出現した場合などインジケーターによって様々ですが、「ZigZag_Fibo_Alert」はそれらとは異なった条件でアラートを発信します。


「ZigZag_Fibo_Alert」はジグザグとフィボナッチリトレースメントを表示するインジケーターで、フィボナッチレベルは時間枠を切り替える度に再描写されます。


また、フィボナッチリトレースメントが再描写された際には、音声アラートと画面表示で再描写されたことを通知します。


ZigZag_Fibo_Alertを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZag_Fibo_Alertのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZag_Fibo_Alert


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZag_Fibo_Alertのパラメーター解説


ZigZag_Fibo_Alertパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZigZag_Fibo_Alert」のパラメーターは、3つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。


「ExDepth」は、値動きの最小値幅を設定するための項目です。


ここで設定した値よりも小さな価格の変化はインジケーターに反映されません。


「ExBackstep」は価格の反転を判定する期間を設定するための項目です。


「ExBackstep」で設定した期間よりも長く価格が逆行した場合は、値動きが反転したと判定されます。


まとめ


「ZigZag_Fibo_Alert」について解説してきましたが、最後にポイントをまとめておきましょう。


  1. ジグザグとフィボナッチリトレースメントを表示するインジケーター。

  2. フィボナッチリトレースメントが再描写されるとアラートで通知する。


「ZigZag_Fibo_Alert」は、フィボナッチリトレースメントの描写が変わったことを確認したい方にとっては、便利なインジケーターと言えるでしょう。


ただし、ジグザグの描写が変わったことをアラート通知する機能はないので、留意しておく必要があります。


ジグザグ系のインジケーターを使用したことがある方であれば、操作や設定なので戸惑うことも少ないでしょう。

関連記事