FXで何やっても勝てなくて、やったコト

標準搭載のジグザグの代替として使用できるジグザグを表示するMT4インジケーター「ZigZag1」

更新日時:2020年11月02日 23:39

ZigZag1スクリーンショット


ジグザグを使用すると値動きの波動が分かりやすくなることから、テクニカル分析において広く使用されています。


「ZigZag1」は、次のような方に向いているインジケーターです。


  1. クセのないジグザグ系のインジケーターを探している方

  2. MT4標準のジグザグが使用できない方

  3. 波動分析を行っている方


上記のような方のためにこの記事では、「ZigZag1」について解説します。


  1. ZigZag1の概要
  2. ZigZag1を表示する方法
  3. ZigZag1のパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZag1の概要


「ZigZag1」は、名前の通り検出した高値/安値を交互に直線でつないで表示するジグザグ系のインジケーターです。


インジケーターを起動するとチャート上に赤いラインでジグザグが表示されますが、インジケーターを表示する色は後から変更することもできます。


また、インジケーターの見方も通常のジグザグと変わらないため、同じように使用することができます。


ざっと見た限りでは標準搭載のジグザグとほぼ同じ線を描写するため、どちらを使用しても使い勝手に大きな差は感じないでしょう。


ZigZag1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZag1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZag1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZag1のパラメーター解説


ZigZag1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZigZag1」のパラメーターは、一般的なジグザグと同じような項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。


「ExDepth」はジグザグに反映する最小の値幅を設定するための項目です。


大きな値に設定すると小さな値動きが無視されるため、大きな波動のみがジグザグに反映されます。


「ExBackstep」は、値動きが反転したことを検出する期間を設定するための項目で、設定した期間より長く価格が逆行した場合、値動きが反転したと判定されます。


パラメーターの項目は一般的なジグザグと共通のものなので、他のジグザグ系のインジケーターを使ったことがあるという方であれば問題なく使用できるかと思います。


まとめ


「ZigZag1」について解説してきましたが、ポイントをまとめると次のようになります。


  1. 赤色のラインでジグザグを表示する。

  2. MT4標準のジグザグとほぼ同じようなラインを描写する。

  3. デフォルトの設定値は標準的な設定になっている。


「ZigZag1」は、クセの無いジグザグ系のインジケーターを探している方に適したインジケーターです。


何らかの理由で標準搭載のジグザグが使用できない場合の代替として「ZigZag1」を使用するのも良いかもしれません。

関連記事