FXで何やっても勝てなくて、やったコト

高値同士/安値同士を結んだジグザグを表示するMT4インジケーター「ZigZagExt」

更新日時:2020年11月02日 23:47

ZigZagExtスクリーンショット


チャネルを表示するインジケーターにはさまざまなものが存在しますが、これまでに使ったことがないタイプのチャネルを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「ZigZagExt」は以下のような方に向いています。


  1. 実験的なインジケーターを試してみたい方

  2. チャネル系のインジケーターを探している方


以上のような方のためにこの記事では、「ZigZagExt」について解説します。


  1. ZigZagExtの概要
  2. ZigZagExtを表示する方法
  3. ZigZagExtのパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZagExtの概要


一般的なジグザグは値動きが反転したポイント同士を直線で繋ぐもので、下降から上昇に転換した場合は安値、上昇から下降に転換した場合は高値にという具合に安値と高値を文字通りジグザグに結んでいくものですが、「ZigZagExt」は高値同士と安値同士をそれぞれ直線で結んで表示するインジケーターです。


インジケーターを起動すると高値同士を結んだラインは青色、安値同士を結んだラインは赤色で表示され、チャネルのような状態で表示されます。


一見するとチャネルの上限/下限と価格との接触でエントリーする手法が使えそうに見えますが、高値/安値が検出されるまでそれぞれのラインは表示されないため、そういった手法を用いるのはおそらく難しいでしょう。


インジケーターの開発者による解説等が見当たらないため、このインジケーターを用いたトレード手法については不明ですが、パラメーターの項目自体は一般的なジグザグとさほど変わりはないので、ジグザグを使ったことのあるトレーダーであればパラメーターの設定に戸惑うことはないかと思います。


ZigZagExtを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZagExtのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZagExt


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZagExtのパラメーター解説


ZigZagExtパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZigZagExt」のパラメーターは、ジグザグに関する項目とインジケーターを表示する範囲を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。

ExPeriod

ピリオド


初期値:300


インジケーターを表示する範囲を設定します。


「ExDepth」はジグザグで検出する最小の幅を設定するための項目で、大きな値に設定すると大きな波動のみを検出します。


「ExBackstep」は、価格が反転したことを判定する期間を設定するための項目で、価格がここで設定した期間より長く逆行した場合、反転したと判定されます。


「ExPeriod」はインジケーターの表示期間を設定するための項目です。


300に設定した場合、ローソク足300本分の期間にインジケーターが表示されます。


まとめ


「ZigZagExt」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ジグザグで検出した高値同士・安値同士を結んでチャネルを表示する。

  2. 高値同士を結んだラインは青色、安値同士を結んだラインは赤色で表示される。


「ZigZagExt」は、実験的なインジケーターを試してみたい方に向いているインジケーターです。


こういった珍しいインジケーターを使用できるのも、MTならではのメリットなのではないでしょうか。

関連記事