FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ジグザグが特定のパターンで動いた場合にシグナルを発するMT4インジケーターを表示する「zigzagsignal」

更新日時:2020年11月02日 11:55

zigzagsignalスクリーンショット


ブレイクアウトを捉えるためのインジケーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「zigzagsignal」は上記の機能を備えたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ブレイクアウトを捉えたい方

  2. デイトレードやスキャルピングを行っている方


この記事では、「zigzagsignal」について解説します。


  1. zigzagsignalの概要
  2. zigzagsignalを表示する方法
  3. zigzagsignalのパラメーター解説
  4. まとめ

zigzagsignalの概要


「zigzagsignal」はジグザグの動きが特定のパターンになった場合に矢印でシグナルを表示するインジケーターで、ジグザグそのものは表示されません。


「zigzagsignal」がシグナルを発する条件は以下の通りです。


1、ダブルボトムが形成され、Wの真ん中の高値がその前の高値より高い。


2、Wの右側の高値がWの真ん中の高値を超えた後、再び下降を始めた。


以上が売りシグナルを発するパターンで、「zigzagsignal」が買いシグナルを発するのはこの逆の動きを検出した場合です。


インジケーターの開発者はEURの15分足での使用を推奨しており、他の時間枠で使用する場合はパラメーターの調整とバックテストが必要とのことです。


zigzagsignalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

zigzagsignalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


zigzagsignal


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


zigzagsignalのパラメーター解説


zigzagsignalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

zigzag_Depft

最小値幅


初期値:4


ジグザグに反映する最小の幅を設定します。

zigzag_Deviation

偏差


初期値:2


値に応じてピークの位置が変化します。

zigzag_Backstep

反転期間


初期値:2


価格の反転を検出する期間を設定します。

Минимальная высота 1-го колена ZigZag(пункты)

高値・安値の値幅


初期値:60


1番目の高値/安値の最小値幅を設定します。

Минимальное отношение 2-й вершины к 1-й и 3-й к 4-й.

最小比率


初期値:1.15


1番目の頂点と2番目の頂点、3番目の頂点と4番目の頂点の最小比率を設定します。

Максимальное отклонение 2-й вершины дна от 1-й по отношениию к высоте 1-го колена

最大偏差


初期値:0.1


Wの真ん中までの値幅に対する最初の頂点までの値幅の最大偏差を設定します。


「zigzag_Depft」「zigzag_Deviation」「zigzag_Backstep」は、ジグザグの挙動を設定するための項目です。


標準的な設定と比較して短期的な値動きを反映しやすい設定になっているので、必要な場合は調整しましょう。


そのほかの項目は、パターンを検出する閾値を設定するための項目なので、ダマしが多い場合は変更しましょう。


また、筆者の環境によるものかインジケーターの不具合によるものなのかは不明ですが、ロシア語のパラメーター項目が文字化けして表示されてしまいました。


まとめ


「zigzagsignal」の特長は以下の通りです。


  1. ジグザグが特定のパターンを形成した時にシグナルを表示する。

  2. ダブルボトム・ダブルトップを形成した後、それまでのトレンドが継続するパターンを検出する。

  3. EURの15分足での使用が推奨されている。


「zigzagsignal」は、ダブルボトムやダブルトップのブレイクアウトを捉えたい方に適したインジケーターです。


「zigzagsignal」がシグナルを発する値動きは、ダブルトップやダブルボトムを見てエントリーしたトレーダーの逆指値注文を狩りに行く値動きで、短い時間枠のチャートでは実際によく見られ、パターンとしては有効と言われていますが、インジケーターがどの程度の精度でシグナルを表示できるのかについては、事前に確認しておいた方が良いかと思います。

関連記事