FXで何やっても勝てなくて、やったコト

相場の反転をジグザグで検知するMT4インジケーターを表示する「ZigZagSignal」

更新日時:2020年11月05日 0:44

ZigZagSignalスクリーンショット


ジグザグは値動きを直線で表すことで、価格の向かっている大まかな方向と波動を表示するインジケーターで、MT4にも標準で搭載されています。


「ZigZagSignal」は、ジグザグをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を分析したい方

  2. チャートに張り付いているのが難しい方


以上のような方のためにこの記事では、「ZigZagSignal」について解説します。


  1. ZigZagSignalの概要
  2. ZigZagSignalを表示する方法
  3. ZigZagSignalのパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZagSignalの概要


「ZigZagSignal.mq4」はジグザグそのものは表示せずに、ジグザグが反転したポイントを色着きの矢印で表示し、アラートで通知するためのインジケーターです。


通知方法はメール通知、モバイル通知、画面表示による通知を使用することができます。


パラメーターの初期設定では画面表示による通知はオンになっていますが、メール通知とモバイル通知はオフになっていますので、必要な場合はパラメーターを変更しましょう。


価格の向かっている方向は、矢印の方向と矢印の色でわかりやすく表示されるため、見難いということもなく使い勝手は良いかと思います。


ZigZagSignalを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZagSignalのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZagSignal


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZagSignalのパラメーター解説


ZigZagSignalパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Depth

デプス


初期値:62


ジグザグで検出する最小値幅を設定します。

Deviation

ディビエーション


初期値:15


ジグザグのピークの位置が変化します。

Backstep

バックステップ


初期値:9


反転を識別する期間を設定します。

Display Alerts / Messages (Yes) or (No)

画面表示による通知をする/しない


初期値:Yes


Noに設定すると通知が無効になります。

Email Alert (Yes) or (No)

メール通知をする/しない


初期値:No


Yesに設定するとメール通知が有効になります。

Alert On Bar after Limit

アラート通知期限


初期値:3


アラートを発する期間を設定します。

Send Notification (Yes) or (No)

モバイル通知をする/しない


初期値:No


Yesに設定するとモバイル通知が有効になります。

Display Trade Info

取引情報を表示する/しない


初期値:Yes


Noに設定すると取引情報が非表示になります。


「Display Alerts / Messages (Yes) or (No)」から「Send Notification (Yes) or (No)」までの項目は、アラートや通知の有無を設定するための項目です。


不要な通知は無効にしておくと良いでしょう。


「Display Trade Info」は、取引情報をチャート上に表示するか否かを設定するための項目です。


初期設定では表示されるようになっていますが、Noに変更することで非表示にできます。


まとめ


「ZigZagSignal」の特長は以下の通りです。


  1. ジグザグが反転したポイントにマーカーを表示する。

  2. 新しいマーカーが表示されるとアラートで通知する。


「ZigZagSignal」は、チャートに張り付いているのが困難な方に適したインジケーターです。


アラート機能が付いているので、値動きの反転を見逃す心配もないでしょう。


大まかなトレンドの方向を把握しておきたい方にも、良いインジケーターなのではないでしょうか。

関連記事