FXで何やっても勝てなくて、やったコト

水平なラインを含むジグザグを表示するMT4インジケーター「zzf」

更新日時:2019年05月14日 10:34

zzfスクリーンショット


「zzf」はジグザグ系のインジケーターの一種で、基本的にはZIGZAG-FRACTALSというインジケーターと同じように動作をしますが、ラインの描写方法が異なっています。


インジケーターを起動すると初期設定の状態では黄色いラインとしてチャート上に表示されますが、チャートの背景色によっては見難い場合もありますので、色の変更が必要な場合はチャートを右クリックし「表示中のインジケーター」→「zzf」→「色の設定」から変更を行いましょう。


ZIGZAG-FRACTALSは一般的なジグザクと同じように、インジケーターによって検出された高値と安値を直線で繋いで表示しますが、「zzf」では次の高値/安値の1本前のローソク足まで水平なラインが描写され、そこから高値/安値へと向かう斜めの直線が描写されます。


「zzf」はZIGZAG-FRACTALSからの値を参照して高値と安値の検出を行っているようで、検出される高値と安値はZIGZAG-FRACTALSと同様のものになっています。


zzfを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

zzfのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


zzf

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでzzfが表示されました。


zzfのパラメーター解説


zzfパラメーター画像


このインジケーターにはトレーダーが変更可能なパラメーター項目は設けられていないため、ラインの色やスタイル以外の変更はできません。


無し

このインジケーターに変更可能なパラメーター項目はありません。


ジグザグがベースになっているインジケーターではありますが、一般的なジグザグのような波動分析を目的とした用途にはあまり向いていないようです。


エキスパートアドバイザーでエントリーの方向を判断するために使用されているケースは見掛けましたが、「zzf」単体での使用方法に関する情報は見つかりませんでした。


インジケーターの構造からエキスパートアドバイザーで使用することを目的とし、「zzf」単体での使用は元々想定されていない可能性もあります。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事