FXで何やっても勝てなくて、やったコト

n期間前のバーと比較して高値/安値を検出するジグザグを表示するMT4インジケーター「zigzagdb」

更新日時:2020年11月02日 23:46

zigzagdbスクリーンショット


小さな波動の分析に適したジグザグがあればと考えたことはないでしょうか。


「zigzagdb」は以下のような方に向いているインジケーターです。


  1. 小さな波動を分析したい方

  2. ジグザグをよく使用する方

  3. 実験的なジグザグを試してみたい方


上記のような方のためにこの記事では、「zigzagdb」について解説します。


  1. zigzagdbの概要
  2. zigzagdbを表示する方法
  3. zigzagdbのパラメーター解説
  4. まとめ

zigzagdbの概要


一般的なジグザグは価格の反転を判断するための期間が設定されており、同一のバーから高値と安値が検出されることはありませんが、「zigzagdb」は設定した期間より前のバーとの比較で高値/安値を検出するインジケーターであるため、少し動作が異なります。


「zigzagdb」は一本のバーの中に新たな高値と安値を検出した場合には、そのバーの高値と安値を繋ぎジグザグを表示します。


インジケーターの役割自体は通常のジグザグと同じですので、ジグザグを使ったことのある方であればインジケーターの見方に関しては特に戸惑うことはないかと思います。


zigzagdbを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

zigzagdbのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


zigzagdb


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


zigzagdbのパラメーター解説


zigzagdbパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「zigzagdb」のパラメーターは、一般的なジグザグとは異なる項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Bars (1,2 or 3)

比較するバー


初期値:2


価格を比較するバーを設定します。

Min retracement to delete

最小リトレースメント


初期値:0.22


リトレースメントを削除する最小値幅を設定します。

Show High and Low

高値/安値の表示


初期値:false


trueに設定すると検出した高値と安値にマーカーを表示します。


「Bars (1,2 or 3)」は比較対象のバーを指定するための項目です。


入力できる値は1~3までになっており、1に設定した場合は1本前のバーと比較、2に設定した場合は2本前のバーと比較し高値/安値を検出します。


「Show High and Low」は、高値・安値にマーカーを表示するか否かを設定するための項目です。


デフォルトの状態では非表示になっていますが、trueに設定するとマーカーの表示が有効になります。


パラメーターについては一般的なジグザグと異なっているため、調整に多少戸惑う可能性はありますが、実際に触ってみれば、動作を理解するのはそれほど難しくないでしょう。


まとめ


「zigzagdb」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 直近の価格と指定したバーを比較してジグザグを表示する。

  2. 1本のバーの中に新たな高値と安値を検出した場合、高値と安値をラインで繋いで表示する。

  3. 使い方は通常のジグザグと同じ。


「zigzagdb」は、小さな波動を分析したい方に向いているインジケーターです。


指定した期間前のバーとの比較で高値/安値を検出しており、小さな値動きによく反応するので、短期的な値動きを分析したい方にとっても使い勝手の良いインジケーターと言えるでしょう。

関連記事