FXで何やっても勝てなくて、やったコト

基準となるチャネルの幅をpipsで設定するジグザグを表示するMT4インジケーター「XLab_ZZ」

更新日時:2020年09月18日 21:45

XLab_ZZスクリーンショット


細かな値動きを分析できるジグザグがあればと考えたことはないでしょうか。


「XLab_ZZ」は次のような方に向いてます。


  1. 細かな値動きを検出できるジグザグを探している方

  2. エキスパートアドバイザーを使用している方

  3. ジグザグに触れたことがある方


上記のような方のためにこの記事では、「XLab_ZZ」について解説します。


  1. XLab_ZZの概要
  2. XLab_ZZを表示する方法
  3. XLab_ZZのパラメーター解説
  4. まとめ

XLab_ZZの概要


ジグザグ系のインジケーターには、MT4に標準でインストールされているジグザグよりも、細かく値動きに追従してジグザグを表示するものもありますが、この記事で紹介する「XLab_ZZ」はその中でもかなり細い値動きに反応してジグザグを表示するインジケーターです。


インジケーターを起動するとグレーのラインでジグザグが表示されます。


開発者のTheXpertによると、「XLab_ZZ」は時間枠を変更するごとに再計算され、パラメーターで設定されたチャネルの幅をもとにしてジグザグを表示しているとのことで、チャネルの幅はpips単位で設定が可能です。


また、TheXpertはエキスパートアドバイザーで使用するのに最適なジグザグと述べていることから、自動売買を行っている方向けのインジケーターと言えます。


インジケーターの使い方は通常のジグザグと変わらないため、普段からジグザグを使用している方であれば、使い方で戸惑うこともないでしょう。


XLab_ZZを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

XLab_ZZのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


XLab_ZZ


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


XLab_ZZのパラメーター解説


XLab_ZZパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「XLab_ZZ」のパラメーターは、基準となるチャネルの幅を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

ChannelPoints

チャネルの幅


初期値:100


ジグザグの基準となるチャネルの幅をpips単位で設定します。


「ChannelPoints」は基準となるチャネルの幅を設定するための項目で、pips単位でチャネルの幅を設定します。


初期設定の状態では、細かく上下するジグザグを表示するため、大きな波動を分析する用途には向いていません。


一般的なジグザグと同じような使い方をしたい場合は、パラメーターを大きな値に変更した上で使用しましょう。


まとめ


「XLab_ZZ」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 通常のジグザグよりも細く値動きに追従する。

  2. 時間枠を変更すると再計算される。

  3. 検出したチャネルの幅にもとづいてジグザグを表示する。

  4. 大きな波動の分析には不向き。


「XLab_ZZ」は、細かな波動を分析したい方に向いているインジケーターです。


波動分析を採り入れたエキスパートアドバイザーを使用している方であれば、活用できる場面があるかもしれません。

関連記事