MT4に日本時間を表示してくれるインジケーター『JPN_Time_SubZero』の使い方

投稿日時:2018年09月11日 10:23

MT4を使用する場合、海外のFXブローカーが提供しているMT4を使うケースが多いのではないかと思います。


そういったケースでは、日本時間以外の時間を採用している事がほとんどで、時差で混乱する事も良くあるのではないかと思います。


今回は、MT4に日本時間を表示してくれるインジケーター『JPN_Time_SubZero』の使い方を解説して行きます。


※インジケーターのインストール方法等は割愛します。


インジケーターの入手


まずはインジケーターを入手しましょう。下記の参考サイトからダウンロードして下さい。

『JPN_Time_SubZero』の配布元サイトです。


とあるMetaTraderの備忘秘録

配布元にも記載してありますが、MT4のチャートに日本時間を表示するインジケータとしては『JPN_Time_Sub』というものも存在していますが、『JPN_Time_SubZero』は『JPN_Time_Sub』を改良したインジケーターで、『JPN_Time_Sub』の以下の問題点を修正したものです。


・区切りタイミングの不整合 ( 5分足で12本毎に区切ると0分が起点にならない)


・過去にスクロールすると表示されない


・年月日の表示を省略すると、時刻が表示されない


JPN_Time_SubZeroのパラメーターの解説


TimeInterval・・・ローソク何本ごとに表示するか


UseLocalPCTime・・・PCの時計から時差を自動調整


Time_difference・・・手動で時差設定(↑がtrueなら無効)


Grid・・・グリッドを表示


YEAR・・・年表示


MONTH・・・月表示


DAY・・・日表示


HOUR・・・時表示


Zero_H・・・例:2時を2ではなく02と表示


MINUTE・・・分表示


SECOND・・・秒表示


ARROW・・・時刻表示の上に矢印を表示


NewLine・・・2行で表示


GridColor・・・グリッドの色を指定


FontSize・・・文字のサイズを指定


TextColor・・・文字の色を指定


UseColorGrid・・・特定の時刻のグリッドの色を変更(時刻や色の指定は、ソースの編集が必要です)


Use12Hour・・・trueなら12時間表示、falseなら24時間表示

XMで口座を開設すれば、チャート分析から取引までMT4だけで完結出来ます。


XMの口座開設方法の解説ページをご用意致しましたので、この機会に口座を開設してみて下さい。


XMの口座開設手順を画像入りでどこよりも詳しく解説!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事