3回平滑化させて滑らかにしたDPOをサブウィンドウに表示するMT4インジケーター『T3_DPO-v1』

投稿日時:2018年12月03日 10:10

t3dpoトップ画像


MT4のインジケーターである『T3_DPO-v1』は、DPO(Detrended Price Oscillator)をT3化、つまり3回平滑化させたものをサブウィンドウに表示するインジケーターで、通常のDPOに比べ滑らかなヒストグラムが描画されるため、非常に見やすいのが特徴です。


ちなみにDPO(Detrended Price Oscillator)とは、価格の動きからトレンドを排除して単純に価格サイクルを抽出することを目的としたオシレーターで、天井や底を判断するのが得意なため逆張り向きのテクニカル指標です。


「T3_DPO-v1」では、このDPOが3回平滑化され上下動の見やすい滑らかなヒストグラムが描画されるため、天井や底での逆張りエントリーに役立つインジケーターではないでしょうか。


今回は、この「T3_DPO-v1」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


インジケーターの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

T3_DPO-v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


T3_DPO-v1

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでサブウィンドウにT3化したDPOのヒストグラムが表示されました。


T3_DPO-v1のパラメーター解説


T3_DPO-v1のパラメーター画像.PNG


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


x_prd

DPOの期間

t3_period

T3の期間

CountBars

カウントするバーの数


よく使用する時間足に合わせて値を変更すると良いかと思います。

XMで口座を開設すれば、チャート分析から取引までMT4だけで完結出来ます。


XMの口座開設方法の解説ページをご用意致しましたので、この機会に口座を開設してみて下さい。


XMの口座開設手順を画像入りでどこよりも詳しく解説!

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事