トレンド・レンジを2本の線で表示するMT5インジケーター「Choppy Market Index」

投稿日時:2018年12月29日 04:24

Choppy_market_indexスクリーンショット


トレンド相場とレンジ相場両方で使えるインジケーターがあればと思ったことはありませんか?


CMI(Choppy Market Index)は、相場にトレンド存在するかどうかを確認するインジケーターで、CMIは以下の方法で算出されます。


直近の終値 ― n本前の終値・・・・①


( ①の絶対値 / (n本前までの最高値―n本前までの最安値)) × 100


CMIは60期間CMIとCMIの10期間移動平均線の2本の線と20本前のローソク足の終値を分析に使用します。


10期間移動平均が40以下にある時、現在の相場がレンジ相場である可能性を示し、直近の終値が20本前の終値より低い場合は売られ過ぎを示しています。


反対に直近の終値が20本前の終値より高い場合は買われ過ぎの可能性を示し、レンジ相場内でCMIが50以上になった場合には、現在の値動きが停滞もしくは反転する可能性を示しています。


10期間移動平均が60以上である場合、現在の相場にトレンドが存在している可能性を示しており、直近の終値が20本前の終値より高い場合は上昇トレンド、直近の終値が20本前の終値より低い場合は下降トレンドである可能性を示しています。


また、トレンド相場中にCMIが50以下に移動した場合、そのトレンドが終わる可能性を示しています。


Choppy_market_indexを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Choppy_market_indexのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Choppy_market_index

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでChoppy_market_indexが表示されました。


Choppy_market_indexのパラメーター解説


Choppy_market_indexパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


Choppiness index period

CMIを算出する期間

Signal period

CMIの移動平均を算出する期間

Signal method

CMIの移動平均の計算方法

Level1

レンジ相場を判定する水準

Level2

相場転換を判定する水準

Level3

トレンド相場を判定する水準


CMIはトレンド相場・レンジ相場どちらの相場でも分析できるという利点がありますが、CMIの移動平均の算出方法や期間よっては大きく結果が変わりそうなので、導入する場合はパラメーターの設定を検討する必要があるかもしれません。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事