移動平均線を損切水準として表示するMT5インジケーター「Gann_high_low_activator_JMA」

投稿日時:2019年01月04日 04:50

Gann_high_low_activator_JMAスクリーンショット


移動平均線を用いたトレード手法は多くありますが、チャートを観察すると移動平均線自体が支持線/抵抗線として機能するケースがしばしば見られ、これを利用した手法を取り入れている方も多いのではないでしょうか?


この記事で紹介するGann_high_low_activator_JMAは、移動平均線のそういった特徴を利用したもので、W.D.Gannの手法がベースになっています。


オリジナルのGannの手法は、確定した直近の足3本の高値の移動平均線と安値の移動平均線を算出し、足1本分前にずらしたもので、使い方は買いポジションでは安値の移動平均線付近に損切を設定し、売りポジションでは高値の移動平均線付近に損切を設定するといったように、損切水準の目安として利用されます。


Gann_high_low_activator_JMAでは、1本のラインとして表示され、相場の向かっている方向に応じて、自動的に高値移動平均線と安値移動平均線を切り替えて表示するようになっており、上昇トレンドでは緑、下降トレンドではオレンジに色が変わるようになっています。


Gann_high_low_activator_JMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Gann_high_low_activator_JMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Gann_high_low_activator_JMA

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでGann_high_low_activator_JMAが表示されました。


Gann_high_low_activator_JMAのパラメーター解説


Gann_high_low_activator_JMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


Average period

移動平均を算出する期間


Gannのオリジナルの手法では、単純移動平均線が使用されていますが、Gann_high_low_activator_JMAでは、JMA(Jurik Moving Average)という特殊な方法で計算された移動平均線を使用しています。


JMAは三段階の平滑化が施された移動平均線で、他の一般的な移動平均線と比較して、ノイズが少なく値動きへの反応が早いという特徴があり、このインジケーターでは移動平均の算出方法にJMA以外は使用できません。


国外ではJMAの上記の移動平均線としての特徴を、評価する声もあるようですが、Gannの手法に取り入れるという使い方はメジャーなものではなく、情報も少ない為実際のトレードで使用するかは慎重に判断すべきかと思います。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事