FXで何やっても勝てなくて、やったコト

終値の変化率とボリュームをもとにトレンドを分析するMT5インジケーターを表示する「pvt」

更新日時:2019年09月07日 08:21

pvtスクリーンショット


価格の変化だけではなくボリュームも考慮して、トレンドを分析できる方法があればと考えたことはないでしょうか。


「pvt」は直近の終値と前の終値の差とボリュームをもとに算出されるインジケーターで、「pvt」を起動するとサブウィンドウ上に青いラインでインジケーターの値が表示されます。


「pvt」の算出方法は以下の通りです。


pvt=((直近の終値-前の終値)/前の終値)×ボリューム+前のpvt


pvtを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

pvtのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


pvt

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでpvtが表示されました。


pvtのパラメーター解説


pvtパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「pvt」のパラメーターはボリュームの種類を設定するための「Volumes」のみで構成され、Tick volumeとReal volumeから選択でき、初期設定ではTick volumeに設定されています。


Volumes

ボリュームの種類


「pvt」は前の終値に対する現在の終値の変化率に、ボリュームを乗算した値を累積して表示するもので、終値の変化にボリュームが伴っているとインジケーターの動きも大きくなります。


「pvt」の増加は上昇トレンドが発生する可能性を示しており、反対に「pvt」の減少は下降トレンドが発生する可能性を示してます。


動意の薄い相場では横ばいに推移しますが、振り幅の大きいレンジ相場の中ではノイズもそれなりに発生しますので、「pvt」単体で使用するのではなく、他のインジケーターと組み合わせて使用することおすすめします。


価格の変化に加えて、ボリュームも考慮したトレンドフォロー型のインジケーターを試してみたいという方には、ちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事