FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トゥルーレンジの指数平滑移動平均をもとにボラティリティーを算出するMT5インジケーターを表示する「atr」

更新日時:2019年09月02日 08:08

atrスクリーンショット


「atr」は、Average True Range(ATR)を表示するためのインジケーターで、MetaQuotes Software Corpによって開発されました。


インジケーターを起動すると、サブウィンドウ上に「atr」が青いラインで表示されます。


ATRは、Welles Wilderによって考案された相場のボラティリティーを測るためのインジケーターで、True Range(TR)と呼ばれる現在と前の価格の差をもとに算出されます。


「atr」の算出方法は以下の通りです。


TR=(直近の高値-直近の安値)、(直近の高値-前の終値)、(前の終値-直近の安値)の内、最も大きな値


ATR=TRのN期間指数平滑移動平均線


atrを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

atrのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


atr

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご覧下さい。


MT5にインジケーターを追加(インストール)する方法

これでatrが表示されました。


atrのパラメーター解説


atrパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「atr」のパラメーターは「ATR period」のみで、初期設定の値は14に設定されています。


ATR period

ATRの算出期間


「atr」の値が高い水準で推移している場合は、相場が活発に動いていることを意味しており、上昇中であればトレンドの動きが、強くなっている可能性を示しています。


低い水準で推移している場合は、動意が薄いことを意味しており、現在の相場がレンジや保合い相場であることを示しています。


トレンドの有無を分析するという点ではADXと似ていますが、ADXでは一定の値を超えた場合に、トレンドが発生したと判定するのに対し、「atr」は閾値が設定されていません。


「atr」はトレンド派・レンジ派を問わず、活用できる場面の多いインジケーターと言えます。

XMはMT5から直接取引できます XMはMT5から直接取引できます

関連記事