FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドが転換したポイントにドットを表示するMT5インジケーター「braintrend2sig」

更新日時:2021年08月19日 18:54

braintrend2sigスクリーンショット


トレンドが転換したことを一目で確認できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「braintrend2sig」は、トレンドが転換した箇所にマーカーを表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を分析したい方

  2. シグナルが分かりやすいインジケーターを探している方


この記事では、「braintrend2sig」について詳しく解説します。


  1. braintrend2sigの概要
  2. braintrend2sigを表示する方法
  3. braintrend2sigのパラメーター解説
  4. まとめ

braintrend2sigの概要


「braintrend2sig」を起動すると、チャート上に2種類のドットが表示されます。


下降トレンドから上昇トレンドに切り替わったポイントには、青色のドットが表示されます。


反対に、上昇トレンドから下降トレンドに切り替わったポイントには赤色のドットを表示。


「braintrend2sig」は、ATRとストキャスティクスをベースにしています。


シンプルなインジケーターなので、シグナルの解釈に迷うことは少ないでしょう。


braintrend2sigを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

braintrend2sigのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


braintrend2sig


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


braintrend2sigのパラメーター解説


braintrend2sigパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「braintrend2sig」のパラメーターは、インジケーターに反映するトレンドの期間を設定する項目のみで構成されています。


入力項目 入力内容

ATR_Period

ATRの期間


初期値:7


ATRの算出期間を設定します。


「ATR_Period」は、「braintrend2sig」の算出に用いるATRの算出期間を設定するための項目です。


短い期間に設定するほど短期的なボラティリティが反映され、長い期間に設定すると長期的なボラティリティが反映されます。


期間を短くするほど、値動きの転換に俊敏に反応しますが、ノイズも多くなります。


反対に、期間を長く設定するほどノイズが少なくなりますが、転換に対するインジケーターは緩やかになります。


まとめ


「braintrend2sig」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ATRとストキャスティクスをもとにトレンドの転換を検出する

  2. 下降トレンドから上昇トレンドに切り替わったポイントには青色のドットを表示する

  3. 上昇トレンドから下降トレンドに切り替わったポイントには赤色のドットを表示する


「braintrend2sig」は、トレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


転換したポイントをマーカーで表示するため、シグナルの解釈に迷うことは少ないでしょう。


ただし、マーカーが表示されたからといって、必ずしもトレンドが発生するとは限りません。


特に大きなトレンドの転換を分析したい場合は、複数のインジケーターを組み合わせて判断した方が良いでしょう。

関連記事