FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンド相場での損切りの目安を表示するMT5インジケーター「BrainTrend2Stop」

更新日時:2021年08月19日 18:56

BrainTrend2Stopスクリーンショット


トレンド相場における損切りの目安を表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「BrainTrend2Stop」は、ATRとストキャスティクスをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドフォロー型の手法を使用している方

  2. トレンド相場における損切りの目安を確認したい方

  3. トレンドで利益の乗ったポジションをできる限りホールドしたい方


以上のような方のためにこの記事では、「BrainTrend2Stop」について解説します。


  1. BrainTrend2Stopの概要
  2. BrainTrend2Stopを表示する方法
  3. BrainTrend2Stopのパラメーター解説
  4. まとめ

BrainTrend2Stopの概要


「BrainTrend2Stop」を起動すると、損切りの目安がドットとラインで表示されます。


買いポジションの損切りの目安は青色で表示され、買いポジションの損切りの目安は赤色で表示。


価格が「BrainTrend2Stop」に接触した場合、トレンドが転換した可能性を示唆しています。


「BrainTrend2Stop」は、以下の方法で損切り水準を算出しています。


range=ATR×1.5/4


買いポジションの損切り水準=安値-range


売りポジションの損切り水準=高値+range


パラメーターでATRの算出期間を変更することで、損切り水準の位置を調整できます。


BrainTrend2Stopを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BrainTrend2Stopのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BrainTrend2Stop


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BrainTrend2Stopのパラメーター解説


BrainTrend2Stopパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ATR_Period

ATRの期間


初期値:7


ATRの算出期間を設定します。


「ATR_Period」は、ATRの算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、長期的なボラティリティがインジケーターに反映されます。


反対に小さな値に設定した場合は、短期的なボラティリティが反映されます。


ローソク足が頻繁にインジケーターに接触する場合は、大きな値に変更すると良いでしょう。


損切り水準をタイトに設定したい場合は、小さな値に変更しましょう。


まとめ


「BrainTrend2Stop」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. ATRとストキャスティクスにもとづいて損切り水準を表示する

  2. 買いポジションの損切り水準は青色のドットとラインで表示される

  3. 売りポジションの損切り水準は赤色のドットとラインで表示される


「BrainTrend2Stop」は、トレンド相場における損切りの目安を確認したい方に向いているインジケーターです。


トレンド相場で可能な限りポジションを保有して、利益を伸ばしたい方は試してみると良いでしょう。


実際の取引で使用する前に、十分なバックテストを実施することをおすすめします。

関連記事