FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ブレイクアウトの信頼度をヒストグラムで表示するMT5インジケーター「break_lag_atr」

更新日時:2022年09月20日 18:25

break_lag_atrスクリーンショット


ダマしのブレイクアウトでエントリーしてしまった経験はないでしょうか。


「break_lag_atr」は、ブレイクアウトが本物であるかどうかを分析するためのインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ダマしのブレイクアウトでエントリーしてしまった経験がある方

  2. ブレイクアウトを狙った手法を使用している方


以上のような方のためにこの記事では、「break_lag_atr」について解説していきます。


  1. break_lag_atrの概要
  2. break_lag_atrを表示する方法
  3. break_lag_atrのパラメーター解説
  4. まとめ

break_lag_atrの概要


「break_lag_atr」を起動するとサブウィンドウ上にヒストグラムと青色のラインが表示されます。


「break_lag_atr」はATRをベースにしており、表示されているラインはローソク足の値幅の平均値です。


ヒストグラムはローソク足の長さを示しています。


ヒストグラムがラインを超えた場合は黄緑色で表示され、それ以下の長さのヒストグラムは赤色で表示されます。


ブレイクアウトが発生した時に黄緑色のヒストグラムが表示されている場合、本物のブレイクアウトの可能性があります。


インジケーターの製作者は、黄緑色のブレイクアウトはエントリーやイグジットのシグナルとしても利用できるとしています。


また、価格が反転した際に黄緑色のヒストグラムが表示されている場合は、トレンドが本格的に転換する可能性があるとしています。


break_lag_atrを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

break_lag_atrのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


break_lag_atr


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


break_lag_atrのパラメーター解説


break_lag_atrパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「break_lag_atr」のパラメーターは、ATRの算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

ATR period

ATRの算出期間


初期値:14


ATRの算出期間を設定します。


「ATR period」は、ATRの算出期間を設定するための項目です。


算出期間を長く設定した場合は、長期的なボラティリティがインジケーターに反映されます。


反対に算出期間を短く設定した場合は、短期的なボラティリティがインジケーターに反映されます。


まとめ


「break_lag_atr」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ATRをベースにしている

  2. ヒストグラムはローソク足の長さを示している

  3. ラインをヒストグラムが超えた場合はヒストグラムが黄緑色で表示され、ボラティリティが高まっていることを示している

  4. 黄緑色のヒストグラムが表示されている場合、トレンドが転換する可能性がある

  5. 黄緑色のヒストグラムでブレイクが発生した場合は、本物のブレイクである可能性がある


「break_lag_atr」は、ダマしのブレイクアウトを避けて取引したい方に向いているインジケーターです。


ブレイクアウトを狙った手法を使用している方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。


実際の取引で使用する前にシグナルの精度確認しておいた方が良いでしょう。

関連記事