FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ボリンジャーバンドに基づいたATRを表示するMT5インジケータ-「BB_ATR_Oscillator」

更新日時:2021年02月28日 15:22

BB_ATR_Oscillatorスクリーンショット


相場のボラティリティを分析できればと考えたことはないでしょうか。


「BB_ATR_Oscillator」は、ATRとボリンジャーバンドをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボラティリティを分析したい方

  2. ATRのノイズに悩まされている方


上記のような方のためにこの記事では、「BB_ATR_Oscillator」について解説します。


  1. BB_ATR_Oscillatorの概要
  2. BB_ATR_Oscillatorを表示する方法
  3. BB_ATR_Oscillatorのパラメーター解説
  4. まとめ

BB_ATR_Oscillatorの概要


「BB_ATR_Oscillator」を起動するとサブウィンドウに赤いラインが表示されます。


ボリンジャーバンドは価格平均の標準偏差をもとに算出されるインジケーターです。


一方、ATRは直近のローソク足と前のローソク足の終値を比較し、最も値の大きいものをTR(True Range)とし、その平均を求めたもので、ボラティリティの分析に用いられています。


ボリンジャーバンドの偏差ラインの幅をもとに算出したATRが「BB_ATR_Oscillator」で、以下の方法によって算出されます。


BB_ATR_Oscillator=ボリンジャーバンドのσライン-ボリンジャーバンドの-σライン-ATR×ATR乗数


インジケーターの見方は、ATRに準じたものになっており、「BB_ATR_Oscillator」が上昇しているということはボリンジャーバンドの幅が拡大し、マーケットのボラティリティが増加していることを示しています。


反対に「BB_ATR_Oscillator」の値が下降している場合は、ボリンジャーバンドの幅が狭まってきており、マーケットのボラティリティーが低下している状態です。


BB_ATR_Oscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BB_ATR_Oscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BB_ATR_Oscillator


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BB_ATR_Oscillatorのパラメーター解説


BB_ATR_Oscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ATR period

ATRの計算期間


初期値:14


ATRの算出期間を設定します。

ATR multiplier

ATR乗数


初期値:2.0


ATRを乗算する値を設定します。

BB period

ボリンジャーバンド期間


初期値:20


ボリンジャーバンドの算出期間を設定します。

BB deviation

偏差


初期値:2.0


ボリンジャーバンドの偏差を設定します。


「ATR period」は、ATRの算出期間を設定するための項目で、設定した値に応じて「BB_ATR_Oscillator」に反映されるボラティリティの期間が変化します。


「ATR multiplier」は、ATRに乗算する値を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、インジケーターの感度が高くなります。


まとめ


「BB_ATR_Oscillator」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ボリンジャーバンドの値をもとに算出したATRを表示する。

  2. 値が上昇している場合はボラティリティが増加している状態。

  3. 値が下降している場合はボラティリティが減少している状態。


「BB_ATR_Oscillator」は、相場のボラティリティを分析したい方に向いているインジケーターです。


通常のATRより滑らかに動きますが、通常のATRと挙動が異なるため、「BB_ATR_Oscillator」とATRの両方を見比べた上でどちらを使用すべきか検討した方が良いでしょう。

関連記事