FXで何やっても勝てなくて、やったコト

高値・安値のJMAをもとにしたボリンジャーバンドを表示するMT5インジケータ-「JMACandle_Chl」

更新日時:2020年12月05日 22:26

JMACandle_Chlスクリーンショット


トレンドの有無を分析できるインジケーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「JMACandle_Chl」は、ボリンジャーバンドをベースにしたインジケーターで以下のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を確認したい方

  3. ボリンジャーバンドを使用したことがある方


上記のような方のためにこの記事では、「JMACandle_Chl」について解説します。


  1. JMACandle_Chlの概要
  2. JMACandle_Chlを表示する方法
  3. JMACandle_Chlのパラメーター解説
  4. まとめ

JMACandle_Chlの概要


一般的なボリンジャーバンドは終値の単純移動平均線を基準にバンドを表示しますが、「JMACandle_Chl」はJMAという移動平均算出方法を用いて算出された高値と安値の移動平均をもとにバンドを表示するものです。


このインジケーターを使用するためにはterminal_data_folder\MQL5\Includeフォルダー内にSmoothAlgorithms.mqhをコピーする必要がありますので、インジケータのダウンロードページで「JMACandle_Chl」と一緒に入手しておきましょう。


インジケーターを起動すると平均足のようなJMACandleとバンドがローソク足と一緒に表示され、バンド上方のエリアは水色、バンド下方エリアはピンクで表示されます。


一般的なのボリンジャーバンドでの偏差は2に設定されることが多いですが、「JMACandle_Chl」では1に設定され、この水準がバンドの上限・下限になります。


通常のボリンジャーバンドと同様にトレンドが発生した場合はバンドの幅が広くなります。


反対に、相場にトレンドが存在しない場合はバンドの幅が狭くなります。


ボリンジャーバンドを使った代表的なエントリー手法の一つに、価格がバンドと接触したところでバンドの内側に向けてエントリーするという方法がありますが、「JMACandle_Chl」ではこのエントリー方法を使用するのは難しいかもしれません。


JMACandle_Chlを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

JMACandle_Chlのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


JMACandle_Chl


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


JMACandle_Chlのパラメーター解説


JMACandle_Chlパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「JMACandle_Chl」のパラメーターは、ボリンジャーバンドに関する項目とJMAに関する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

метод усреднения

平滑化方法


初期値:MODE_JJMA


移動平均の算出方法を設定します。

глубина усреднения

JMAの期間


初期値:12


JMAの算出期間を設定します。

параметр усреднения

位相


初期値:15


JMAの位相を設定します。

период Боллинджера

ボリンジャーバンドの期間


初期値:10


ボリンジャーバンドの算出期間を設定します。

девиация

偏差


初期値:1.0


ボリンジャーバンドの偏差を設定します。


「метод усреднения」は、平滑化方法を設定するための項目で、初期設定ではJMAに設定されています。


そのほか、SMA、EMA、SMMA、LWMA、JurX、ParMA、T3、VIDYA、AMAを使用できます。


「девиация」は、ボリンジャーバンドの偏差を設定するための項目で、値に応じてバンドの幅が変化します。


まとめ


「JMACandle_Chl」について解説してきましたが、ポイントまとめると以下のようになります。


  1. JMAを使用した平均足とボリンジャーバンドがベースになっている。

  2. バンド上方のエリアは水色、バンド下方エリアはピンクで表示される。

  3. バンドの中間には平均足を表示する。


「JMACandle_Chl」は、トレンドが発生しているかどうかを確認したい方に向いているインジケーターです。


ボリンジャーバンドを使用している方は一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事