FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フラクタルにもとづくチャネルを指定した時間枠で表示するMT5インジケータ-「FractalChannel_Cloud_HTF」

更新日時:2021年01月07日 12:23

FractalChannel_Cloud_HTFスクリーンショット


トレンドを分析できるチャネルを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「FractalChannel_Cloud_HTF」は、フラクタルを用いたチャネルで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの発生を分析したい方

  2. チャネル系のインジケーターを探している方


上記のような方のためにこの記事では、「FractalChannel_Cloud_HTF」について解説します。


  1. FractalChannel_Cloud_HTFの概要
  2. FractalChannel_Cloud_HTFを表示する方法
  3. FractalChannel_Cloud_HTFのパラメーター解説
  4. まとめ

FractalChannel_Cloud_HTFの概要


「FractalChannel_Cloud_HTF」は、高値/安値にもとづいたチャネルを指定した時間枠で表示するインジケーターで、高値/安値の検出にはフラクタルが用いられます。


このインジケーターを使用するためには、事前にFractalChannel_Cloud.mq5を用意し、terminal_data_directory\MQL5\Indicatorsフォルダ内にコピーする必要があるため、後述する「FractalChannel_Cloud_HTF」のダウンロードページで一緒に入手しておきましょう。


チャネルの上部はグリーンのライン、チャネルの下部は赤いラインで表示され、中間を示すラインから上の領域は薄いグリーンで塗りつぶされ、下の領域は薄いピンクで塗りつぶされて表示されます。


「FractalChannel_Cloud_HTF」は、3種類のチャネルを表示可能です。


選択した種類によってチャート上に描写されるチャネルも異なり、Type1は値動きに対してタイトに表示されるチャネルを表示し、Type3は値動きに対して緩やかなチャネルを表示します。


Type2は1と3の中間の反応速度のチャネルです。


価格が中間水準よりも上で推移しており、チャネルの上限を頻繁にブレイクする場合は上昇トレンドが発生した可能性を示唆しています。


下降トレンドの場合は上記とは逆の状態になります。


FractalChannel_Cloud_HTFを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

FractalChannel_Cloud_HTFのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


FractalChannel_Cloud_HTF


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


FractalChannel_Cloud_HTFのパラメーター解説


FractalChannel_Cloud_HTFパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Период графика индикатора

時間枠


初期値:4 Hours


インジケーターを表示する時間枠を指定します。

ChannelType

チャネルのタイプ


初期値:Type1


チャネルの種類を設定します。

Margins

高値/安値からの余白


初期値:0


高値・安値からどの程度離れた位置にチャネルを表示するのか設定します。

Prices

適用価格


初期値:OpenClose


チャネルの算出に用いる価格の種類を設定します。

сдвиг индикатора по горизонтали в барах

水平方向へのシフト


初期値:0


チャネルの表示位置が左右に移動します。


「Период графика индикатора」は、チャネルを表示する時間枠を設定するための項目です。


1時間に設定すると、チャートの時間枠に関わらず1時間足チャートで算出した結果が表示されます。


「Prices」は、適用価格を設定するための項目で、OpenCloseとHighLowの2種類から選択可能です。


「сдвиг индикатора по горизонтали в барах」は、チャネルのオフセットを設定するための項目で、正の値に設定すると右、負の値に設定すると左に移動します。


まとめ


「FractalChannel_Cloud_HTF」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. フラクタルで検出した価格をもとにチャネルを表示する。

  2. 指定した時間枠でチャネルを表示できる。

  3. 3種類のチャネルを表示可能。


「FractalChannel_Cloud_HTF」はチャネルをもとに、トレンドを分析したい方に適したインジケーターです。


また、インジケーターを表示する時間枠を指定できるので、マルチタイムフレーム分析を行なっている方にとっても、使い勝手の良いチャネルなのではないでしょうか。

関連記事