FXで何やっても勝てなくて、やったコト

偏差に基づいた傾斜チャネルを表示するMT5インジケータ-「Standard_Deviation_Channels_x3」

更新日時:2021年04月26日 23:41

Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudスクリーンショット


傾斜チャネルを自動的に表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Standard_Deviation_Channels_x3_Cloud」は、3種類の傾斜チャネルを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 抵抗線や支持線の水準を分析したい方

  2. 逆張りやブレイクアウト系の手法を使用している方


この記事では、「Standard_Deviation_Channels_x3_Cloud」について詳しく解説します。


  1. Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudの概要
  2. Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudを表示する方法
  3. Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudのパラメーター解説
  4. まとめ

Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudの概要


「Standard_Deviation_Channels_x3_Cloud」を起動すると、チャート上に7本のラインが描写されます。


「Standard_Deviation_Channels_x3_Cloud」は、相場の向かっている方向をチャネルの傾きで表示するインジケーターです。


チャネルは、基準となる中間ラインからの偏差にもとづいた6本の偏差ラインで構成されています。


高値圏は緑、安値圏はピンクに塗りつぶして表示。


初期設定の状態では、偏差が1、1.5、2設定され、1は濃い緑色、-1は紫色、1.5は緑色、-1.5は赤色、2は明るい緑色、-2は黄色で表示されます。


Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Standard_Deviation_Channels_x3_Cloud


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudのパラメーター解説


Standard_Deviation_Channels_x3_Cloudパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

количество свечей для анализа

ローソク足の数


初期値:240


分析するローソク足の数を設定します。

девиация первого канала

1番目のチャネルの偏差


初期値:1.0


1番目のチャネルに適用する偏差を設定します。

девиация второго канала

2番目のチャネルの偏差


初期値:1.5


2番目のチャネルに適用する偏差を設定します。

девиация третьего канала

3番目のチャネルの偏差


初期値:2..0


3番目のチャネルに適用する偏差を設定します。

сдвиг индикатора по горизонтали в барах

水平方向のシフト


初期値:0


チャネルの表示位置が左右に移動します。

cдвиг индикатора по вертикали в пунктах

垂直方向のシフト


初期値:0


チャネルの表示位置が上下に移動します。


「количество свечей для анализа」は、分析するローソク足の数を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、チャネルが表示される範囲が広がります。


「девиация первого канала」「девиация второго канала」「девиация третьего канала」は、チャネルの偏差を設定するための項目です。


偏差を大きくするほどチャネルの幅が広がり、小さくするとチャネルの幅も狭くなります。


まとめ


「Standard_Deviation_Channels_x3_Cloud」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 指定したローソク足をもとに3つの傾斜チャネルを表示する。

  2. 各傾斜チャネルの幅は、中間ラインからの偏差をもとに決定される。


「Standard_Deviation_Channels_x3_Cloud」は、抵抗線や支持線の水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


ただし、実際にトレードでどの程度うまく機能するのかについては、十分に検証した方が良いでしょう。

関連記事