FXで何やっても勝てなくて、やったコト

取引のタイミングをマーカーで表示するMT5インジケーター「arrows_curves」

更新日時:2021年10月09日 18:07

arrows_curvesスクリーンショット


取引のタイミングで迷ってしまったという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。


「arrows_curves」は、取引のタイミングをマーカーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 取引のタイミングで迷うことが多い方

  2. トレンド相場用のチャネルを探している方


この記事では「arrows_curves」について詳しく解説します。


  1. arrows_curvesの概要
  2. arrows_curvesを表示する方法
  3. arrows_curvesのパラメーター解説
  4. まとめ

arrows_curvesの概要


「arrows_curves」を起動すると、チャート上にチャネルが表示されます。


「arrows_curves」は、2つのチャネルで構成されており、外側のチャネルがオレンジ内、側のチャネルは緑色で表示されます。


オレンジ色のチャネルはエントリーする水準を示しており、価格が内側から外側に抜けた場合は丸いマーカーを表示。


緑色のチャネルは、ストップ水準を示しています。


価格が緑色のチャネルを外側から内側に抜けた場合、xが表示されます。


丸いマークが表示された場合はエントリーのシグナル、xが表示された場合はイグジットのシグナルです。


また、黄緑色のマーカーは買いポジション用のシグナルを示しています。


反対に赤紫色のマーカーは売りポジション用のシグナルです。


arrows_curvesを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

arrows_curvesのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


arrows_curves


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


arrows_curvesのパラメーター解説


arrows_curvesパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「arrows_curves」のパラメーターは、高値・安値を検出する期間を設定するための項目と、チャネルの幅を設定するための項目、シフトを設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

reversal period

高値・安値の検出期間


初期値:20


最高値・最安値を検出する期間を設定します。

Channel

エントリーチャネルの幅


初期値:0


エントリーチャネルの幅を設定します。

Stop Channel

ストップチャネルの幅


初期値:20


ストップチャネルの幅を設定します

shift

シフト


初期値:10


チャネルのオフセットを設定します。


「reversal period」は、最高値・最安値を検出する期間を設定するための項目です。


期間を長く設定するほど、チャネルの変化が緩やかになります。


「Channel」と「Ch_Stop」は、エントリーチャネルとストップチャネルの幅を設定するための項目です。


大きな値に設定するほどチャネルの幅が広がります。


まとめ


「arrows_curves」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. エントリーとエグジットのポイントをマーカーで表示する

  2. 価格がオレンジのラインを内側から外側に抜けた場合はエントリーのシグナル。

  3. 価格が緑色のラインを外側から内側に抜けた場合はイグジットのシグナル。


「arrows_curves」は、トレンド相場用のチャネルを探している方に向いているインジケーターです。


取引のタイミングで迷うことが多い方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事