FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フラクタルをもとにチャネルを表示するMT5インジケーター「fractalchannel」

更新日時:2021年11月01日 11:20

fractalchannelスクリーンショット


価格が推移している短期的な水準を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「fractalchannel」は、フラクタルをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 短期的な値動きを分析したい方

  2. 価格が推移しているレベルを確認したい方


この記事では「fractalchannel」について詳しく解説します。


  1. fractalchannelの概要
  2. fractalchannelを表示する方法
  3. fractalchannelのパラメーター解説
  4. まとめ

fractalchannelの概要


「fractalchannel」を起動すると、チャート上にチャネルが表示されます。


黄緑色のラインはチャートの上限、赤色のラインはチャートの下限、グレーのラインはチャートの中間水準を示しています。


インジケーターの制作者によると、短期的な値動きのレベルを分析する際に活用できるとのことです。


チャネルの幅は、フラクタルによって検出された高値と安値によって決定されます。


チャネルの幅はパラメーターで調整することもできます。


fractalchannelを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

fractalchannelのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


fractalchannel


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


fractalchannelのパラメーター解説


fractalchannelパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ChannelType

チャネルのタイプ


初期値:Type_1


Type_1とType_2、Type_3の中から選択します。

Margins

マージン


初期値:0


チャネルの幅を設定します。

Advance

無効なパラメーターです。

Prices

適用価格


初期値:OpenClose


インジケーターの算出に用いる価格を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

シフト


初期値:0


チャネルのオフセットを設定します。


「ChannelType」は、チャネルの種類を設定するための項目です。


Type_1に設定した場合は、直近の価格から2つ前の価格をもとにチャネルを算出します。


Type_2の場合は、直近の価格から4つ前の価格、Type_3の場合は直近の価格から6つ前の価格をもとに算出します。


「Margins」は、チャネルの幅を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、チャネルの幅が広がります。


「Prices」は、チャネルの算出に用いる価格を設定するための項目です。


OpenCloseとLowHighの2種類の中から選択します。


まとめ


「fractalchannel」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. フラクタルをもとにしたチャネルを表示する

  2. 短期的な値動きを分析するためのチャネル


「fractalchannel」は、短期的な値動きを分析したい方に向いているインジケーターです。


このインジケーターのみで、エントリーのタイミングを分析することはできないので、あくまでも補助的な役割のインジケーターと考えた方が良いでしょう。

関連記事