FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フラクタルにもとづくチャネルを表示するMT5インジケーター「nb_shi_channel_true」

更新日時:2021年12月09日 1:41

nb_shi_channel_trueスクリーンショット


チャネルを自動的に表示する方法があればと考えたことはないでしょうか。


「nb_shi_channel_true」は、フラクタルをもとに傾斜チャネルを自動的に表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. チャネルをよく使用する方

  2. チャネルを手動で表示するは面倒だと感じている方


以上のような方のためにこの記事では、「nb_shi_channel_true」について解説します。


  1. nb_shi_channel_trueの概要
  2. nb_shi_channel_trueを表示する方法
  3. nb_shi_channel_trueのパラメーター解説
  4. まとめ

nb_shi_channel_trueの概要


「nb_shi_channel_true」を起動するとチャート上に傾斜チャネルが表示されます。


チャネルの上限は緑色のライン、中間水準が青色のライン、下限が赤色のラインで表示されます。


「nb_shi_channel_true」は、フラクタルで検出した直近の安値と1つ前に安値もしくは、直近の高値と1つ前の高値同士をラインで結んで、チャネルを表示します。


インジケーターの見方は、通常の傾斜チャネルと同様です。


普段から傾斜チャネルを使用している方であれば、使い方で戸惑うことはないでしょう。


nb_shi_channel_trueを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

nb_shi_channel_trueのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


nb_shi_channel_true


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


nb_shi_channel_trueのパラメーター解説


nb_shi_channel_trueパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

AllBars

表示期間


初期値:240


フラクタルを表示する期間を設定します。

BarsForFract

フラクタルの期間


初期値:0


フラクタルの算出期間を設定します。

UpChannelColor

アッパーラインの色


初期値:Lime


アッパーラインの表示色を設定します。

MdChannelColor

中間ラインの色


初期値:Blue


中間ラインの表示色を設定します。

DnChannelColor

ロワーラインの色


初期値:Red


ロワーラインの表示色を設定します。


「AllBars」は、チャネルを表示する期間を設定するための項目です。


期間はローソク足の数で指定する必要があります。


100に設定した場合、直近のバーから数えてローソク足100本分の期間にチャネルを表示します。


「UpChannelColor」「MdChannelColor」「DnChannelColor」は、チャネルの上限と下限、中間ラインの色を設定する為の項目です。


必要な場合は変更しましょう。


まとめ


「nb_shi_channel_true」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. フラクタルをベースにしたチャネルを表示する

  2. フラクタルの算出期間を変更すればチャネルに反映する値動きの期間を調整できる


「nb_shi_channel_true」は、チャネルを手動で表示するのは面倒だと感じている方に向いているインジケーターです。


普段からチャネルをよく使用している方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事