FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格が反転する可能性のある水準を表示するMT5インジケーター「tirone_levels_x5」

更新日時:2021年11月15日 21:23

tirone_levels_x5スクリーンショット


値動きが反転しそうな水準を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「tirone_levels_x5」は、サポートラインやレジスタンスラインを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 逆張り系の手法を使用している方

  2. 値動きが反転しそうな水準を分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「tirone_levels_x5」について解説します。


  1. tirone_levels_x5の概要
  2. tirone_levels_x5を表示する方法
  3. tirone_levels_x5のパラメーター解説
  4. まとめ

tirone_levels_x5の概要


「tirone_levels_x5」は、John Tironeによって考案されたTirone Levelsをベースにしたインジケーターです。


インジケーターを起動すると、チャート上に5本のラインが表示されます。


黄色のラインは中間水準を示しており、黄色のラインより上に表示されているラインは、レジスタンスラインです。


反対に、黄色のラインよりも下に表示されているラインは、サポートラインです。


それぞれのラインは、次のような方法で算出されます。


AD=(一定期間中の最高値+一定期間中の最安値+終値)/3


Tirone Level1=AD+(一定期間中の最高値+一定期間中の最安値)


Tirone Level2=2×AD-一定期間中の最安値


Tirone Level3=AD


Tirone Level4=2×AD-一定期間中の最高値


Tirone Level5=AD-(一定期間中の最高値+一定期間中の最安値)


価格がTirone Level3以外のラインと接触した場合、値動きが反転する可能性があります。


tirone_levels_x5を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

tirone_levels_x5のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


tirone_levels_x5


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


tirone_levels_x5のパラメーター解説


tirone_levels_x5パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period of the indicator

算出期間


初期値:15


価格を検出する期間を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

シフト


初期値:0


ラインのオフセットを設定します。


「Period of the indicator」は、インジケーターの算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、最高値と最安値を検出する期間が変化します。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、オフセットを設定するための項目です。


設定した値に応じて、ラインの表示位置が左右に移動します。


まとめ


「tirone_levels_x5」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. Tirone Levelsがベースになっている

  2. サポートライン・レジスタンスラインを表示する


「tirone_levels_x5」は、価格が反転しそうな水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


逆張り系の手法を使用している方であれば、使える場面があるかもしれません。

関連記事