FXで何やっても勝てなくて、やったコト

もち合い相場でのエントリー水準の目安を表示するMT5インジケーター「wiover」

更新日時:2022年09月13日 18:24

wioverスクリーンショット


レンジ相場でエントリーできそうな水準を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「wiover」は、もち合い相場用のインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. レンジ相場でエントリーする水準の目安を分析したい方

  2. レンジ相場を狙った手法を使用している方

  3. 逆張り系の手法を使用している方


以上のような方のためにこの記事では、「wiover」について解説します。


  1. wioverの概要
  2. wioverを表示する方法
  3. wioverのパラメーター解説
  4. まとめ

wioverの概要


「wiover」を起動すると、チャート上に青色と赤色とラインが表示されます。


「wiover」は、前のローソク足と直近のローソク足が重なり合っている値幅の平均を算出するインジケーターです。


それぞれのラインは、指値注文でエントリーする目安として使用できます。


青色のラインはBuy Limit、赤色のラインはSell Limitの目安です。


インジケーターの制作者によると、「wiover」はもち合い相場で使用を想定しているとのことです。


wioverを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

wioverのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


wiover


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


wioverのパラメーター解説


wioverパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「wiover」のパラメーターは、平均の再発期間を設定するための項目と表示位置を設定するための項目の2つで構成されています。


入力項目 入力内容

Indicator period

算出期間


初期値:9


ローソク足の重なりの平均を算出する期間を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

水平方向のシフト


初期値:0


設定した値に応じて、「wiover」の表示位置が左右に移動します。


「Indicator period」は、ローソク足の重なりの平均を算出する期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると、長期的な平均値が算出されるためインジケーターの変化が滑らかになります。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、「wiover」の水平方向のシフトを設定するための項目です。


正の値に設定した場合、インジケーターの表示位置が右側に移動します。


負の値に設定した場合は左に移動。


0に設定した場合はシフトなしでインジケーターを表示します。


まとめ


「wiover」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ローソク足同士の重なり合った値幅の平均値を算出

  2. 指値注文の目安として利用できる

  3. 青色のラインはBuy Limitの目安

  4. 赤色のラインはSell Limitの目安


「wiover」は、もち合い相場でエントリーする水準の目安を分析したい方に向いているインジケーターです。


レンジ相場を狙った手法を使用している方であれば活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事