FXで何やっても勝てなくて、やったコト

チャネル・ジグザグ・フィボナッチリトレースメントをまとめて表示するMT5インジケーター「zigzagonparabolic_fibo_channel」

更新日時:2022年08月02日 18:18

zigzagonparabolic_fibo_channelスクリーンショット


価格が反転しそうな水準やブレイクアウトが起こりそうな水準を分析できればと考えたことはないでしょうか。


「zigzagonparabolic_fibo_channel」は、ジグザグとチャネル、フィボナッチリトレースメントを自動的に表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. 逆張り系の手法を使用している方

  2. ブレイクアウトを狙って取引している方


この記事では、「zigzagonparabolic_fibo_channel」について解説します。


  1. zigzagonparabolic_fibo_channelの概要
  2. zigzagonparabolic_fibo_channelを表示する方法
  3. zigzagonparabolic_fibo_channelのパラメーター解説
  4. まとめ

zigzagonparabolic_fibo_channelの概要


「zigzagonparabolic_fibo_channel」を起動すると、ジグザグとチャネル、2種類のフィボナッチリトレースメントが表示されます。


チャネルはジグザグのピークにもとづいて、自動的に描写される仕組みです。


チャネルやフィボナッチリトレースメントを組み合わせることで、反転やブレイクアウトが発生する可能性がある水準をチェックできます。


zigzagonparabolic_fibo_channelを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

zigzagonparabolic_fibo_channelのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


zigzagonparabolic_fibo_channel


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


zigzagonparabolic_fibo_channelのパラメーター解説


zigzagonparabolic_fibo_channelパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

SAR step

加速因子


初期値:0.02


パラボリックSARが価格に追従する速度を設定します。

SAR maximum

極大値


初期値:0.2


加速因子の最大値を設定します。

Extremum shift flag

極大値のシフトの有無


初期値:true


極大値のシフトの有効・無効を設定します。

First extremum number (0,1,2,3...)

ジグザグの起点


初期値:1


チャネルの起点をジグザグのピークで指定します。

Channel upper line color

アッパーラインの表示色


初期値:DarkViolet


アッパーラインの表示色を設定します。

Channel upper line style

アッパーラインのスタイル


初期値:STYLE_SOLID


アッパーラインのスタイルを設定します。

Channel upper line width

アッパーラインの太さ


初期値:w_3


アッパーラインの太さを設定します。

Middle line color

中間ラインの表示色


初期値:Blue


中間ラインの表示色を設定します。

Middle line style

中間ラインのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


中間ラインのスタイルを設定します。

Middle line width

中間ラインの太さ


初期値:w_1


中間ラインの太さを設定します。

Channel lower line color

ロワーラインの表示色


初期値:MediumVioletRed


ロワーラインの表示色を設定します。

Channel lower line style

ロワーラインのスタイル


初期値:STYLE_SOLID


ロワーラインのスタイルを設定します。

Channel lower line width

ロワーラインの太さ


初期値:w_3


ロワーラインの太さを設定します。

DynamicFibo display flag

DynamicFiboの表示・非表示


初期値:true


DynamicFiboを表示するか否かを設定します。

DynamicFibo color

DynamicFiboの表示色


初期値:DeepPink


DynamicFiboの表示色を設定します。

DynamicFibo style

DynamicFiboのラインのスタイル


初期値:STYLE_DASHDOTDOT


DynamicFiboのラインのスタイルを設定します。

DynamicFibo line width

DynamicFiboのラインの太さ


初期値:w_1


DynamicFiboのラインの太さを設定します。

DynamicFibo ray

DynamicFiboラインの延長


初期値:true


DynamicFiboの各ラインを延長するか否かを設定します。

StaticFibo display flag

StaticFiboの表示・非表示


初期値:true


StaticFiboを表示するか否かを設定します。

StaticFibo color

StaticFiboの表示色


初期値:Teal


StaticFiboの表示色を設定します。

StaticFibo style

StaticFiboのラインのスタイル


初期値:STYLE_DASH


StaticFiboのラインのスタイルを設定します。

StaticFibo line width

StaticFiboのラインの太さ


初期値:w_1


StaticFiboのラインの太さを設定します。

StaticFibo ray

StaticFiboラインの延長


初期値:false


StaticFiboの各ラインを延長するか否かを設定します。


「SAR step」「SAR maximum」は、パラボリックSARの加速因子と極大値を設定するための項目です。


パラボリックSARが価格に追いつく速さを調整します。


「Channel upper line color」から「Channel lower line width」までの項目は、チャネルラインの表示色・スタイル・太さを設定するための項目です。


デフォルトの状態でチャネルが見にくい場合は、設定を変更しましょう。


「DynamicFibo display flag」から「StaticFibo ray」までの項目は、フィボナッチリトレースメントの表示・非表示、表示方法を設定するための項目です。


チャネルと同様に、見にくい場合はパラメーターを調整しましょう。


まとめ


「zigzagonparabolic_fibo_channel」の特徴は以下の通りです。


  1. ジグザグをもとにしたチャネルを表示する

  2. フィボナッチリトレースメントを自動的に表示する


「zigzagonparabolic_fibo_channel」は、価格が反転しそうな水準やブレイクアウトが発生しそうな水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


チャネルとフィボナッチリトレースメントを組み合わせて使用している方であれば、活用できる場面も多いでしょう。

関連記事