FXで何やっても勝てなくて、やったコト

フラクタルをもとに抵抗線と支持線を自動的に表示するMT5インジケーター「Support_and_Resistance」

更新日時:2021年08月25日 18:48

Support_and_Resistanceスクリーンショット


サポートラインやレジスタンスラインを手動で引くのは面倒だと感じたことはないでしょうか。


「Support_and_Resistance」は、サポートラインとレジスタンスラインを自動的に表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 高値や安値をレジスタンスライン・サポートラインとして使用している方

  2. レジスタンスラインやサポートラインを手動で引いている方

  3. 逆張りやブレイクアウト系の手法を使用している方


上記のような方のためにこの記事では、「Support_and_Resistance」について解説します。


  1. Support_and_Resistanceの概要
  2. Support_and_Resistanceを表示する方法
  3. Support_and_Resistanceのパラメーター解説
  4. まとめ

Support_and_Resistanceの概要


「Support_and_Resistance」は、フラクタルをベースにしたインジケーターです。


フラクタルは、相場の底や天井を検出するインジケーターで、値動きが転換したポイントにマーカーを表示します。


「Support_and_Resistance」では、フラクタルによって検出された高値や安値の水準にドットを表示します。


高値が検出されたポイントには黄緑色のドットを表示。


安値が検出されたポイントには、ピンクのドットが表示されます。


新しい高値や安値が検出されるまでは、同じ水準にドットが表示され続けます。


チャート上の目立つ高値や安値は心理的な節目になることが多く、サポートラインやレジスタンスラインとして機能するケースも珍しくありません。


高値や安値に手動でラインを引いている方であれば、活用できる場面も多いのではないでしょうか。


シンプルなインジケーターなので、使い方に戸惑うことは少ないでしょう。


Support_and_Resistanceを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Support_and_Resistanceのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Support_and_Resistance


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Support_and_Resistanceのパラメーター解説


Support_and_Resistanceパラメーター画像


「Support_and_Resistance」に、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

なし

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「Support_and_Resistance」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. フラクタルをベースにしたインジケーター

  2. サポートラインをピンクのドットで表示する

  3. レジスタンスラインを黄緑色のドットで表示する

  4. フラクタルによって検出された高値や安値が更新された場合、ドットが表示される水準も更新される


「Support_and_Resistance」は、高値や安値をレジスタンスラインやサポートラインとして使用している方に向いているインジケーターです。


手動でラインを引く手間を省けるため、便利なインジケーターと言えるでしょう。

関連記事