FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ローソク足に似た指標、平均足を表示する MT 5インジケーター「Heiken_Ashi」

更新日時:2021年04月30日 4:33

Heiken_Ashiスクリーンショット


トレンドを視覚的にとらえられるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Heiken_Ashi」は、ローソク足のようなインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を分析したい方

  2. トレンドを視覚的に確認したい方

  3. トレンドフォロー系の手法を使用している方


上記のような方のためにこの記事では、「Heiken_Ashi」について解説します。


  1. Heiken_Ashiの概要
  2. Heiken_Ashiを表示する方法
  3. Heiken_Ashiのパラメーター解説
  4. まとめ

Heiken_Ashiの概要


テクニカル分析においてローソク足チャートは多くの人に使用され、ローソク足のみでトレンドや相場の転換などを分析する方法も知られています。


しかし、ノイズが多くなる場面も多いため、ほかのインジケーターと組み合わせて使用されるケースも多いです。


「Heiken_Ashi」は、ローソク足とそっくりですが、始値・高値・安値・終値の計算方法が異なる平均足を表示します。


平均足のそれぞれの価格の算出方法は以下の通りです。


始値=(始値+高値+安値+終値)/4


終値=(前の足の始値+前の足の終値)/2


高値=高値・安値・終値の中で最も価格が高いもの


安値=安値・始値・終値の中で最も価格が低いもの


平均足はローソク足と始値・高値・安値・終値の計算方法が違う為、チャートの見え方も異なります。


上昇トレンドでは陽線が続き、下降トレンドでは陰性が続く為、視覚的にトレンドを把握しやすいという特徴があります。


また、ローソク足と異なり通常トレンド相場ではほとんどヒゲが出ません。


上昇トレンド内で下ヒゲが続いた場合、相場が反転する可能性を示唆しています。


反対に下降トレンドでは上ヒゲが続いた場合、相場が上昇する可能性が高まっている状態です。


Heiken_Ashiを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Heiken_Ashiのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Heiken_Ashi


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Heiken_Ashiのパラメーター解説


Heiken_Ashiパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Heiken_Ashi」のパラメーターは、平均足の色を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Heiken Ashi Open;Heiken Ashi High;Heiken Ashi Low;Heiken Ashi Close

平均足の色


初期値:DodgerBlue, Red


平均足の色を設定します。


平均足の色を設定するには、チャート上で右クリックした後、表示中のインジケーターを選択し、「カラー」タブをクリックします。


デフォルトの状態でも支障はないかと思いますが、必要な場合は任意の色を選択しましょう。


まとめ


「Heiken_Ashi」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 平均足を表示するインジケーター。

  2. ローソク足のように価格をそのまま使用するのではなく、価格ごとに決められた方法で算出した値を用いる。


「Heiken_Ashi」は、トレンドの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


ローソク足よりもトレンドの方向を視覚的に確認しやすいため、トレンドが発生しているかどうか判断に迷った時などに活用するとよいでしょう。

関連記事