FXで何やっても勝てなくて、やったコト

一目均衡表をベースにしたオシレーターを表示するMT5インジケーター「ichimokuoscillator」

更新日時:2021年05月08日 20:36

ichimokuoscillatorスクリーンショット


トレンドの始まりを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「ichimokuoscillator」は、一目均衡表をベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの始まりを分析したい方

  2. トレンドの転換を分析したい方


この記事では「ichimokuoscillator」について詳しく解説します。


  1. ichimokuoscillatorの概要
  2. ichimokuoscillatorを表示する方法
  3. ichimokuoscillatorのパラメーター解説
  4. まとめ

ichimokuoscillatorの概要


「ichimokuoscillator」を起動すると、サブウィンドウ上に赤色と黄色のラインが表示されます。


赤色のラインは、一目均衡表の遅行スパン1と2の差を示しています。


一方、黄色のラインは基準線と転換線の差を算出したものです。


黄色のラインが赤色のラインより上で推移している状態で、0レベルを下から上に抜けた場合、上昇トレンドが発生した可能性を示しています。


反対に、黄色のラインが赤色のラインより下で推移している状態で、0レベルを上から下に抜けた場合は、下降トレンドのシグナルです。


レンジ相場ではダマしのシグナルが頻発するため、動意の薄い相場での使用は避けた方が良いでしょう。


ichimokuoscillatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ichimokuoscillatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ichimokuoscillator


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ichimokuoscillatorのパラメーター解説


ichimokuoscillatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Tankan_sen

転換線の期間


初期値:9


転換線の算出期間を設定します。

Kijun_sen

基準線の期間


初期値:26


基準線の算出期間を設定します。

Senkou_snap_B

先行スパン2の期間


初期値:52


先行スパン2の算出期間を設定します。


「Tankan_sen」は、転換線の算出期間を設定するための項目です。


デフォルトの状態では、一目均衡表の設定としては標準的な9に設定されています。


「Kijun_sen」は、基準線の算出期間を設定するための項目で、初期設定では「Tankan_sen」同様に標準的な設定になっています。


「Senkou_snap_B」は、先行スパン2の算出期間を設定するための項目です。


デフォルトの設定では、一般的な一目均衡表と同じように52に設定されています。


まとめ


「ichimokuoscillator」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 一目均衡表をベースにしている。

  2. 先行スパン1と2の差を赤色のラインで表示。

  3. 基準線と転換線の差を黄色のラインで表示。

  4. 黄色のラインが赤色のラインより上で推移している状態で、0レベルを下から上に抜けた場合、上昇トレンドが発生したシグナル。

  5. 黄色のラインが赤色のラインより下で推移している状態で、0レベルを上から下に抜けた場合、下降トレンドが発生したシグナル。


「ichimokuoscillator」は、トレンドをとらえたい方に向いているインジケーターです。


トレンドフォロー型の手法を使用している方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事