FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2本のラインでトレンドの始まり・終わりを表示するMT5インジケーター「instantaneoustrendline」

更新日時:2022年06月13日 11:58

instantaneoustrendlineスクリーンショット


トレンドの始まりと終わりを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「instantaneoustrendline」は、2本のラインでトレンドの始まりを分析するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. トレンドの始まりを捉えたい方

  2. トレンドの終わりを分析したい方


この記事では「instantaneoustrendline」について詳しく解説します。


  1. instantaneoustrendlineの概要
  2. instantaneoustrendlineを表示する方法
  3. instantaneoustrendlineのパラメーター解説
  4. まとめ

instantaneoustrendlineの概要


「instantaneoustrendline」を起動すると、青色と赤色のラインが表示されます。


赤色のラインは、フィッシャー変換をもとに算出されます。


青色のラインは、赤色のラインの変化の幅をもとに算出したものです。


「instantaneoustrendline」の使い方は、移動平均線のデッドクロス・ゴールデンクロスにもとづくトレンド分析と同じです。


青色のラインが赤色のラインとゴールデンクロスした場合は、上昇トレンドのシグナルです。


反対に、デッドクロスした場合は、下降トレンドが発生した可能性を示しています。


トレンドと反対方向にラインがクロスした場合は、トレンドが終わりに近づいている状態です。


instantaneoustrendlineを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

instantaneoustrendlineのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


instantaneoustrendline


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


instantaneoustrendlineのパラメーター解説


instantaneoustrendlineパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Alpha

比率


初期値:0.07


トレンドラインに適用する比率を設定します。

Shift

シフト


初期値:0


「instantaneoustrendline」の表示位置を設定します。


「Alpha」は、トレンドラインに適用する比率を設定するための項目です。


大きな値に設定すると「instantaneoustrendline」の振り幅が大きくなります。


「Shift」は、「instantaneoustrendline」の表示位置を設定するための項目です。


設定した値に応じて、ラインの表示位置が左右に移動します。


まとめ


「instantaneoustrendline」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. フィッシャー変換にもとづくラインでトレンドの方向や転換を表示

  2. 青色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示している

  3. 青色のラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合は、下降トレンドが発生した可能性を示している


「instantaneoustrendline」は、トレンドの始まりを捉えたい方に向いているインジケーターです。


2本の移動平均線を使用するトレンド分析と使い方は同じなので、移動平均線でトレンドを分析している方であれば戸惑うことなく使用できるでしょう。

関連記事