FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンド発生を2本のラインで表示するMT5インジケーター「monster_v2」

更新日時:2020年12月12日 11:47

monster_v2スクリーンショット


トレンド系のオシレーターといえばMACDが有名ですが、他のインジケータを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「monster_v2」はトレンド系のオシレーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を分析したい方

  2. トレンド相場におけるエントリーのタイミングを分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「monster_v2」について解説します。


  1. monster_v2の概要
  2. monster_v2を表示する方法
  3. monster_v2のパラメーター解説
  4. まとめ

monster_v2の概要


「monster_v2」を起動すると、サブウィンドウ上に青色と赤色のラインが表示されます。


赤色のラインは短期Trix、青色のラインは長期Trixの値を表しています。


Trixは三重移動平均線をベースにしたオシレーターで、インジケーターの値が0レベルを下から上に抜けた場合は上昇トレンドのシグナル、上から下に抜けた場合は下降トレンドのシグナルです。


「monster_v2」は、算出期間の異なる2種類Trixを表示するため、短期的・長期的なトレンドを分析することができます。


monster_v2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

monster_v2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


monster_v2


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


monster_v2のパラメーター解説


monster_v2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「monster_v2」のパラメーターは、Trixの算出期間を設定するための項目、適用価格を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

State1

ステイト1


初期値:true


インジケーターの動作に影響はありません。

Period Of The First Plot

短期Trixの算出期間


初期値:15


Trixの算出期間を設定します。

Period Of The Second Plot

長期Trixの算出期間


初期値:30


Trixの算出期間を設定します。

Price Applied To Both Plots

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


Trixの算出に用いる価格の種類を設定します。


「Period Of The First Plot」と「Period Of The Second Plot」は、長期と短期のTrixの算出期間を設定するための項目で、値に応じてTrixの反応速度が変化します。


「Price Applied To Both Plots」は、Trixの算出に用いる価格の種類を設定するための項目です。


終値、始値、安値、高値、中央値、TP、加重終値から選択します。


まとめ


「monster_v2」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 算出期間の異なる2種類のTrixを同時に表示する。

  2. 短期Trixと長期Trixがプラス圏で推移している場合は上昇トレンド。

  3. 短期Trixと長期Trixがマイナス圏で推移している場合は下降トレンド。


「monster_v2」は、トレンド相場でのエントリーのタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


早めにシグナルが出るケースが多いようなので、ほかのインジケーターのシグナルも確認しながら使用した方が良いでしょう。

関連記事