FXで何やっても勝てなくて、やったコト

シグナルライン付きのMean Deviation Indexを表示するMT5インジケーター「blau_ergodic_mdi」

更新日時:2021年08月02日 19:49

blau_ergodic_mdiスクリーンショット


トレンドの方向と強さを同時に分析できるオシレーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「blau_ergodic_mdi」は、MDIをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向と強さをまとめて分析したい方

  2. トレンドフォロー系の手法を使用している方


この記事では「blau_ergodic_mdi」について詳しく解説します。


  1. blau_ergodic_mdiの概要
  2. blau_ergodic_mdiを表示する方法
  3. blau_ergodic_mdiのパラメーター解説
  4. まとめ

blau_ergodic_mdiの概要


「blau_ergodic_mdi」は、MDIにシグナルラインを追加したインジケーターです。


MDIはヒストグラムで表示され、シグナルラインは赤色のラインで表示されます。


シグナルラインは、MDIを移動平均して算出されます。


また、このインジケーターのMDIは通常のものとは異なり、平滑化処理が施されています。


MDIは移動平均の標準偏差の距離を示したもの、値が0を超えている場合は上昇トレンドのシグナルです。


反対に、0を下回っている場合は下降トレンドが発生している可能性を示唆するシグナルです。


値の振り幅が大きいほど、強いトレンドが発生していることを示しています。


blau_ergodic_mdiを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

blau_ergodic_mdiのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


blau_ergodic_mdi


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


blau_ergodic_mdiのパラメーター解説


blau_ergodic_mdiパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

r - 1st EMA, applied to price

1回目の平滑化期間


初期値:20


1回目の指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

s - 2nd EMA, applied to average deviation

2回目の平滑化期間


初期値:5


2回目の指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

u - 3rd EMA, applied to the 2nd smoothing

3回目の平滑化期間


初期値:3


3回目の指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

ul - period of a Signal Line

シグナル期間


初期値:3


シグナルラインの平滑化期間を設定します。

AppliedPrice - price type

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


blau_mdiの算出に用いる価格の種類を設定します。


「1st EMA, applied to price」「s - 2nd EMA, applied to standard deviation」「u - 3rd EMA, applied to 2nd smoothing」は、MDIを平滑化する期間を設定するための項目です。


長い期間に設定するほどノイズが少なくなりますが、価格に対するラグも大きくなります。


「ul - period of a Signal Line」は、シグナルラインの平滑化期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、MDIの変化に対する反応も緩やかになります。


まとめ


「blau_ergodic_mdi」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. Mean Deviation Indexにシグナルラインを追加したインジケーター

  2. 0より上で推移している場合は上昇トレンド

  3. 0より下で推移している場合は下降トレンド

  4. 振り幅が大きいほど強いトレンドが発生している状態


「blau_ergodic_mdi」は、トレンドの方向と強さを分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドフォロー系の手法を使用している方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事