FXで何やっても勝てなくて、やったコト

中央値の移動平均を表示するMT5インジケーター「Average_of_median」

更新日時:2021年05月31日 17:06

Average_of_medianスクリーンショット


移動平均線のノイズに悩まされた経験はないでしょうか。


「Average_of_median」は、ノイズの少ない移動平均線を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ノイズの少ない移動平均線を探している方

  2. 値動きの緩やかな相場で取引している方


この記事では「Average_of_median」について詳しく解説します。


  1. Average_of_medianの概要
  2. Average_of_medianを表示する方法
  3. Average_of_medianのパラメーター解説
  4. まとめ

Average_of_medianの概要


「Average_of_median」は、指定した数のローソク足の中央値をもとに算出した移動平均線を表示するMT5インジケーターです。


中央値とは、データを小さい順に並べたときに、ちょうど中央に位置する値のことで、平均値・最頻値のようにデータの属する母集団の特徴を端的に示す代表値として使用されるものです。


データの数が偶数の場合には、中央に近い2つの値の平均が中央値となります。


通常の移動平均線と同じ様に使用できそうですが、中央値の移動平均ということもあり、同じ期間で算出した他の移動平均線と比較して緩やかに動くようです。


「Average_of_median」は、上昇では緑、下降ではピンクで表示されるため、相場の向かっている大まかな方向を知ることもできます。


Average_of_medianを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Average_of_medianのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Average_of_median


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Average_of_medianのパラメーター解説


Average_of_medianパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Average period

算出期間


初期値:14


移動平均を算出する期間を設定します。

Median period

中央値の期間


初期値:5


中央値を検出する期間を設定します。

Average method

移動平均の種類


初期値:Simple moving average


移動平均線の種類を設定します。

Price

適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


中央値を算出する価格の種類を設定します。


「Median period」は、中央値を検出する期間を設定するための項目です。


ここで設定した期間をもとに算出に用いる中央値が検出されます。


「Average method」は、移動平均の種類を設定するための項目です。


単純移動平均のほか、指数平滑移動平均や平滑化移動平均、加重移動平均を選択できます。


「Price」は、適用価格を設定するための項目です。


中央値を検出する価格の種類を設定します。


まとめ


「Average_of_median」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 中央値の移動平均線を表示する。

  2. 上昇では緑、下降ではピンクで表示される。

  3. 他の移動平均線と比較して緩やかに動く。


「Average_of_median」は、ノイズが少ない移動平均線を探している方に向いているインジケーターです。


あまり一般的ではない移動平均線であるため、十分に検証した上でトレードに取り入れた方が良いでしょう。

関連記事