FXで何やっても勝てなくて、やったコト

移動平均線をもとに損切り水準を表示するMT5インジケーター「Gann_high_low_activator_JMA」

更新日時:2021年05月31日 17:03

Gann_high_low_activator_JMAスクリーンショット


トレンド相場での損切り水準をどこに設定すべきか迷った経験はないでしょうか。


「Gann_high_low_activator_JMA」は、損切り水準の目安を表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンド相場での損切りの目安を確認したい方

  2. トレンドフォロー型の手法を使用している方


この記事では「Gann_high_low_activator_JMA」について詳しく解説します。


  1. Gann_high_low_activator_JMAの概要
  2. Gann_high_low_activator_JMAを表示する方法
  3. Gann_high_low_activator_JMAのパラメーター解説
  4. まとめ

Gann_high_low_activator_JMAの概要


チャートを観察すると移動平均線自体が支持線/抵抗線として機能するケースがしばしば見られ、これを利用した手法も数多く存在します。


「Gann_high_low_activator_JMA」は、W.D.Gannの手法をもとに損切り水準の目安を表示するインジケーターです。


オリジナルのGannの手法は、確定した直近の足3本の高値で算出した移動平均線と安値の移動平均線を算出し、足1本分前にずらしたラインを損切り水準として使用します。


買いポジションでは安値の移動平均線、売りポジションでは高値の移動平均線が用いられます。


「Gann_high_low_activator_JMA」では、1本のラインとして表示され、相場の向かっている方向に応じて、自動的に高値の移動平均線と安値の移動平均線を切り替えて表示。


上昇トレンドでは緑、下降トレンドではオレンジで表示されます。


また、Gannのオリジナルの手法では、単純移動平均線が使用されていますが、「Gann_high_low_activator_JMA」では、JMA(Jurik Moving Average)という特殊な方法で計算された移動平均線が使用されている点も特徴です。


JMAは3段階の平滑化が施された移動平均線で、他の一般的な移動平均線と比較して、ノイズが少なく値動きへの反応が速いという特徴があります。


国外ではJMAの上記の移動平均線としての特徴を、評価する声もあるようですが、Gannの手法に取り入れるという使い方はメジャーなものではなく情報も少ないため、実際のトレードで使用するかどうかは慎重に判断すべきでしょう。


Gann_high_low_activator_JMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Gann_high_low_activator_JMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Gann_high_low_activator_JMA


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Gann_high_low_activator_JMAのパラメーター解説


Gann_high_low_activator_JMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Gann_high_low_activator_JMA」のパラメーターは、移動平均の算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Average period

移動平均の期間


初期値:32


移動平均を算出する期間を設定します。


「Average period」は、移動平均線の算出期間を設定するための項目です。


短い期間に設定すると短期的な値動きが反映されるため、インジケーターの反応が速くなります。


長い期間に設定した場合は、長期的な値動きが反映されるため、インジケーターの反応が緩やかになります。


まとめ


「Gann_high_low_activator_JMA」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. Gannの手法にもとづいたインジケーター。

  2. 相場の向かっている方向に応じて、自動的に高値の移動平均線と安値の移動平均線を切り替えて表示する。

  3. 損切りの目安として使用する。


「Gann_high_low_activator_JMA」は、トレンド相場における損切りの目安を確認したい方に向いているインジケーターです。


トレンドフォロー型の手法を使用している方であれば、活用できる場面も多いのではないでしょうか。

関連記事